妊娠6ヶ月の義妹と葉酸について語る

年末に実家に帰省しましたら、弟夫婦になんと!近々第一子が生まれるとの事。

妊娠6ヶ月のようでした。

うきゃー うらやましい(泣)。

弟夫婦も今年で結婚3年目(?)ぐらいです。

共働きであったりお互い多忙な生活であったりといろいろタイミングも合わなかったのだと思いますが、とうとう待望の赤ちゃんが♪おめでたいです。

私は去年の4月〜の夫の単身赴任を堺にすっかり妊活からは遠ざかっていましたが、義妹のぽっこりふくらんだお腹をみて「赤ちゃん欲しい」ウイルスに再度感染してしまったようです。(来年は40歳(汗 そろそろチャンスも最後かも・・・うぅ)

意外と重要な点をスルーしているなとおもった件

出産グッズについていろいろ質問を受けまして、いろんな話ついでに「葉酸はサプリで摂取した?」と尋ねてみました。

妊娠=葉酸を摂取しましょう みたいな指導は第一子の時から受けてきましたが、実際そこまで重要視していませんでした。

最近では国全体出生状況が「高齢出産」の傾向にあるためか「葉酸」が特にクローズアップされているような気配を感じます。

しかしなんと!義妹からは「葉酸ってなんですか?」との返事が!!

妊活中の私ですら葉酸サプリの定期便を申し込んで飲もうかと悩んだのに、妊娠したら是非摂取しようよ(汗)とつっこんでしまったぐらい初妊婦さんって無知なのかなと思った次第です。

※厚生労働省で特に葉酸摂取を推奨しているのは【妊娠の1か月以上前から妊娠3か月までです (厚生労働省ホームページ http://hfnet.nih.go.jp/contents/detail1550.html より)】

妊娠を希望する女性は積極的に。高齢出産予定の方は特に!

葉酸を摂取したからといって妊娠する確率が高くなるわけではありません。

私今年で40歳になるためいろんな高齢出産のリスクを抱えるわけです。

葉酸が不足したことにより胎児に障害の発症率が高くなるということは、高齢出産を考える女性の間ではよく知られている事ですが、しっかりと葉酸を摂取しておくべき時期はなんと妊娠4週目〜12週目。生理が遅れて妊娠検査薬で妊娠が判明する頃にはすでに妊娠3ヶ月(12週目)!妊娠が判明してから葉酸サプリを摂取しても間にあいません。だからこそ妊活中から飲む必要があるんです。

※【リスク低減のためには母体が受胎前から十分な葉酸を摂取している必要があるので、「妊娠を計画している女性、または、妊娠の可能性がある女性」に対し、付加的な葉酸の摂取が望まれています。

胎児の神経管閉鎖のタイミングからすると「妊娠して又は妊娠の疑いを持って産婦人科の外来に訪れてからの対応では遅い」と考えられています 。

(厚生労働省ホームページ http://hfnet.nih.go.jp/contents/detail1550.html より)】 葉酸の摂取によりリスクが軽減される赤ちゃんの障害などもあるので、妊活中は積極的に摂取しよう!と決めました。

もちろん通常の若い年齢の妊活さんも、妊娠中の方もぜひとも摂取すべきだと「私は」考えています^^

各社の葉酸サプリメントは、定期購入すると割引もあるが基本的に値段は高い

ビタミンミネラル、美的ヌーボ。葉酸サプリプラスαの代表的商品。

img_4148

美的ヌーボ サプリの大きさ。

私がなんとなくいいな、飲んでみたいなと思っていたのが東尾理子さんが飲んでいた「美的ヌーボ」です。

妊活中の男性向けのサプリメントも販売されているので余裕があればそちらも同時摂取すると良いかなと思ったりもします。

⇒ 有名人の間で人気のビタミン、ミネラルサプリメント《美的ヌーボ》

こちらは定期購入を申し込むと1ヶ月あたり6,000円ほどです。30日で割ると・・・1日分が200円。

アメリカ製なので少々サプリの大きさが大きくて飲みにくいとの口コミをみかけます(半分に割ってから飲むという人も)。

1日に必要な葉酸以外にもビタミンや鉄分などの栄養素もプラスされているのでこの「美的ヌーボ」だけで妊活中〜妊娠中〜授乳期まで長く愛用できるサプリメントです。

義妹は、妊娠をきっかけに仕事を退職しました。

やはりこれまで2馬力で稼いできたときとは異なり、節約をしなくちゃいけないような雰囲気がありました。

「月6,000円ですか〜・・・。」

確かに高い。

がしかし、鉄分が不足する事で妊娠中に貧血をおこしたり、ビタミン不足で疲れがたまってしまって出産時に大量出血したり(私の第二子の出産時が前日まで仕事しててて、疲れがたまっていたのでしょう、大量出血で少々大変でした(汗)、母乳がしっかりでなかったりとそういうリスクを抑えようと考えるとどちらにせよ食事だけでは充分な栄養素を摂取できません。

危機が訪れてからあわててサプリメントで何かしらの栄養素を補給するよりも、安心な妊娠維持〜授乳期をすごすために今のうちからしっかりと飲んで補給しつづける(水溶性のビタミン(葉酸も水溶性)は、体に溜め込めない為毎日の摂取が必須)ことを日常にしておくといいのかなと思っています。

1日200円。自分自身の体と赤ちゃんの為にもどうにか工面したいところです(もうぶっちゃけ「出産祝いを前倒しで指定銘柄の葉酸サプリを1ヶ月分プレゼントして!」でもよいかなともおもいます)。

健康な赤ちゃんを産み育てるには健康な母体が基本!

・・・・っと妊活中の私がつぶやいてみました・・・。

⇒ 有名人の間で人気のビタミン、ミネラルサプリメント《美的ヌーボ》

基本は食事から。補えない分をサプリメントで!

妊娠中に摂取するものには細心の注意を払いたい所ですが、妊活中は手軽にサプリメントでokかと思っています。 サプリメントの恐い点は「過剰摂取」です。

この点をよく理解して上手に利用したい所です。国が進める葉酸の摂取量(400μg)を食事で毎日取ろうと思うとほぼ不可能な感じです。

葉酸摂取の目安

400μgを単品で摂取しようと思うと ブロッコリーだと(サラダに登場するサイズの房を)10房程度、ほうれん草だと5株程度、アスパラガスだと11本程度、納豆は8パック、いちごは22粒・・・。

ここはやはり大人しく国が推奨するように食事とのバランスを考えて過剰摂取しすぎないように葉酸が含まれてるサプリメントを利用した方が良さそうです。

※【「妊産婦のための食生活指針」 (厚生労働省) によれば「妊娠初期の人には、神経管閉鎖障害発症リスク低減のために、葉酸の栄養機能食品を利用することもすすめられます」とありますが 、1日1 mg (=1000μg) は超えないようにとされていますので 、摂取量に注意しましょう。】

※妊産婦のための食生活指針-「健やか親子21」推進検討会報告書 http://rhino.med.yamanashi.ac.jp/sukoyaka/ninpu_syoku.html 3 「妊産婦のための食生活指針」について p13】←食事からの適正な葉酸摂取が困難な場合は食事全体のバランスに留意の上、栄養機能食品(いわゆるサプリメント)の利用も推奨すると記載されています。

⇒ 有名人の間で人気のビタミン、ミネラルサプリメント《美的ヌーボ》

「再度、妊活を始める」と来週末夫が帰ってきたら話してみようかなと思います。

しかしながらやはり単身赴任中では・・・なかなかタイミングが難しそうです。

<追伸> 大学病院での子宮がん検診の経過はまぁ順調で、とくに悪い細胞が追加で見つかるということもなく2ヶ月ごとの定期検診が4ヶ月ごとになり、半年ごとになり、次回の3月に大学で検査してもらった結果が良好ならばこれまでどおりの1年ごとの定期検診で済みそうな予定です。 なにごともありませんようにと、できるだけストレスのない生活を心がけている所です。

ふぅ。