骨盤湯たんぽ「よもにん」届きました!

骨盤湯たんぽ「よもにん妊活・下半身の冷えに、骨盤・子宮周りを温めてよもぎ蒸しができる湯たんぽ「骨盤ゆたんぽ よもにん」届きました! 土日、大学時代の同窓会があり 実家に帰省していたのですが どうやら土曜日に商品は届いていたもよう・・。

早い。

ゆうパックか宅急便かを選択できるようでしたので 100円安い ゆうパックで送ってもらうように 頼みました。

クレジットカード決済で 九州までの送料を入れて5,610円なり。

(本体4,743円・消費税237円・送料630円) こんな感じの梱包でした。

e58699e79c9f201

よもぎ蒸しの効果を自宅で手軽に!「よもにん」

よもぎパックは、真空パックにて 袋に入っていました。

よもぎのかおりがします。よもぎ付き。

袋を開けると・・・よもぎの良い香りが。(*´ω`*)

早速使ってみました。

取扱説明書を読むと 【約50度のお湯を入れる】とあります。

使う前には、使用上の注意をよく読みましょう「よもにん」。よもぎむしを自宅で!

カバーをとるとこんな感じ。子宮を温める「よもにん」。よもぎつき。

湯沸かしポットのティファールを使って お湯を沸かしました。

ティファール。湯沸かしの定番商品!

「よもにん」に熱湯を半分入れて その後に水道水を半分いれると 50度になるだろうと適当に お湯を注いだのは、間違いでした(汗

お湯を入れる部分の容器は、乳白色で ほぼ、水の影は見えず・・・。

形状も湾曲しているので どこまでが半分なのかの目安がない。

さらに、何リットルはいるのかよく読んでおらず 適当に入れていたらあふれてしまいました(汗

あぶないあぶない・・・。

1.4リットル入るらしいので 0.7リットル(700ミリリットル)を熱湯 + 0.7リットルを水道水 で50度のお湯が満タンになります。

ティファールは0.6リットル湧かせるタイプだったので

まず0.3リットル湧かして そのティファールに0.3リットル水道水を追加。

50度のお湯の状態で「よもにん」に注ぐと やけどの心配もなく 安全に注げることを学びましたw

100円ショップの「じょうご」を使えば さらに安全♪。

じょうごを使ってお湯を入れるのが大正解。よもにん。子宮を温め、妊娠しやすい状態を作る。

それを約3回繰り返して満タンに。

ん?まてよ?

お湯を作って注ぎ終わった時に気付きました!

「水道の蛇口から 50度のお湯をだせばよかったんじゃ・・・」

うちは、給湯器に深夜電力にてお湯を沸かして 貯めて使っています。

最高60度のお湯が蛇口から出てきます・・・。

あはは。( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽ

素直に50度のお湯を蛇口から出して 注げばものすごく楽でした(汗

次回からは、時間短縮のためにも そのようにします。

温度設定ができない 給湯器の場合、前述した通り 熱湯を湧かして、水道水を同量足して 50度にするとよいですね^^

さて、使い心地ですが まぁまぁよかったですよ。

骨盤を温めるとよい とあるように ほんわかじんわり温まります。

よもぎの匂いが好きでした。

まさしく、よもぎ蒸しのサロンにでも 来ている気分です。

よもぎのアロマがあれば買おうかな なんてと思ったぐらいですw

よもぎの匂いは、 とてもリラックスできる香りでした。

匂いが服に付く場合もあるでしょうから 気にならない衣服にて 使用するとよいです。

午前中に1回30分。

夕食後に1回30分をやってみました。

睡眠前は、カラダを温めると うまく眠れないと聞きますので

夜は、睡眠予定時間より3時間前に 使うとよいです。

(入浴も本来は、睡眠予定時間よりも 3時間以上前に済ませるとよいらしいです)

良質の睡眠を取る為にも 入眠時は脳を冷ます必要がある。

脳が温まった状態では 良質の睡眠は得られないと どこかしらの教授がテレビで言っていましたw

しかしながら、この「よもにん」は 骨盤周りは温まりますが 全身が温まる

という訳ではなかったです。 (だったら寝る前でもよいのかしら? この辺りは不明です〜すみません)

この「骨盤周りをあたためる」効果が いかほどなのか しばらく使用しつづけて 様子を見てみようと思います^^

これを使って体調やらが向上し 赤ちゃんを授かる事ができるのであれば 安い買い物です♪

全身を温めたい場合は 毛細血管を効率的に 温める必要がありますので やはり「足湯」でしょうね。

足湯についてもいろいろ体験エピソードがありますのでw また次回に書きます。

ではまた。

妊活動・下半身の冷えに、骨盤ゆたんぽ よもにん 妊活動・下半身の冷えに、骨盤ゆたんぽ よもにん

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする