妊娠力を高めよう!卵子と精子の健康の為に必要な5代栄養素とは

妊活の為に不摂生を改めることを検討しよう

af74d7c6c26b20ab3885b3172368c7d2_s

妊活と言えば、排卵日の予測や不妊治療ばかりをイメージしがちですが、実は不妊に悩む方のうち80%が毎日の生活習慣に原因があるという見方があります。そのため妊活を決めたら規則正しい生活習慣を送ることが重要となり、特に生活習慣の中の毎日の食生活で必要な栄養素を摂取することが妊娠しやすい身体づくりの基本になります。

妊娠する力、つまり妊娠力は女性であれば本来誰でも備わっている能力ですが、普段の食生活において、食事の時間が不規則だったり、朝食を抜いたり、栄養のバランスが偏った食事を頻繁に摂るような生活を送っていると、妊娠力が低下してしまいます。妊娠を考えた際、食生活において特に気を付けてほしいことは、必要な栄養素をバランスよく摂取すること以外にも、アルコールを飲みすぎないことです。

そしてカフェインを控えることです。体を冷やさない食べ物を選びたばこを控えることも大切です。。たばこやカフェイン、アルコールは身体を冷やし、血の循環を悪くして生殖機能を低下させる可能性が高いのです。しかし、アルコールやたばこが大好きな人にとっては、極度な禁酒や禁煙が、逆にストレスを増加させてしまい、そのストレスが不妊に繋がる可能性もあるので注意が必要です。妊活の為の我慢はストレスを感じない程度に控えた方が効果的な場合もあるのです。

卵子と精子が元気に成育されるために必要な5代栄養素とは

919e50ef51bc2a7555802d6121fd8cdc_s

妊活中の食生活は、卵子と精子の材料そのもので成育に効果的とされる5大栄養素をしっかりと摂取することが重要です。

この5大栄養素は、タンパク質、糖質、脂質の3大栄養素とビタミン、ミネラルの2大栄養素に分かれます。これらの5大栄養素はバランスよく摂取しなければ、それぞれの栄養素が持つ本来の力が機能しません。例え、ビタミンやミネラルの2大栄養素だけしっかりと摂っても、タンパク質や脂質、糖質も摂れていなければ効果が発揮されないのです。

そのため、5大栄養素を食事だけでバランスよく摂ることが難しくなります。そこで、足りない栄養素を補うためにサプリメントの利用が有効となります。もちろん、必ずしもサプリメントを利用しなければならないといったことはありません。自然な食事で必要な栄養素を摂取することがベストです。

しかし、仕事などで忙しい日々を送っていたり、体調が悪かったり、献立を考えるのが面倒だったりと長期にわたって体に良い食生活を続けることが出来ない場合は、栄養補助食品のサプリメントを利用した方が良いかもしれません。5大栄養素の摂取でサプリメントを選ぶ際は、葉酸、マカ、タンポポ、ルイボス、ザクロ、マルチビタミンといったものが含まれたものを探しましょう。

この中で、ビタミンB群、ビタミンE、鉄、カルシウム、マグネシウム、亜鉛、ミネラルといった栄養成分がバランスよく配合されているサプリメントを選べば妊娠に必要な栄養素が補うことができます。妊活サプリは足りない栄養素を補うだけでなく、女性ホルモンバランスを調整する効果も期待できます。そして体内の血流を良くして、妊娠しやすい身体をつくる効果も期待できるのです。

そのため、最近では不妊治療と併用してサプリメントを処方するクリニックも少なくありません。患者からの問い合わせに応じて独自の妊活サプリの開発をしているクリニックもあり、そういったクリニックのサプリメントを利用してみるのも良いかもしれません。サプリメントを利用する際に気を付けたいこととして、効果が出るのに3ヶ月以上かかる可能性が高いことが挙げられます。即効性がある薬品とは違うのです。

また医薬品で定められているような製品規制もない為、消費者が品質や成分を確認しなければいけません。したがって安全かつ長期にわたって飲み続けることができるようなサプリメントを比較検討しながら慎重に選ぶことが大切なのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする