葉酸だけじゃない!妊活で欠かせない亜鉛の効果とは?

亜鉛はどんな働きをするの?

cf7f57acd2a35ea192c87ef22605ddf9_s

亜鉛とは?

妊活中や不妊治療中で葉酸を積極的に毎日の生活に取り入れている方も多いですよね。葉酸は血液や細胞を作り出すときに必要な栄養素として欠かせない栄養素ではありますが、そんな葉酸と同等の働きをする栄養素が亜鉛なのです。亜鉛はミネラルの一種で細胞分裂や体の新陳代謝に関わっており、毎日の健康的な体作りにはもちろん生命の維持にも欠かせません。

妊活中の女性への効果

葉酸は体の代謝に関わる栄養素であるため、卵巣の代謝をサポートし卵子の熟成に働きかけることによって受精しやすい卵子を育ててくれます。さらに体の巡りにも関わり、卵胞を育てる卵胞刺激ホルモンや、排卵を促したり着床しやすい十分な厚みを帯びた子宮内膜の形成に作用する黄体形成ホルモンなどの正常な分泌もサポートしてくれます。女性にとっては妊活中や不妊治療中に亜鉛は妊娠力アップに欠かすことのできない栄養素と言えます。

男性は必要ないの?

男性も女性同様に妊活中の体をサポートしてれます。亜鉛は体の巡りに関わる栄養素であるため、精子の製造や運動を活発にさせる効果が期待できます。妊娠には精子の運動率や量が大きく関わり、またもちろん活発で十分な量の精子が妊娠力をアップへつなげることができます。

さらに男性ホルモンであるテストステロンの分泌にも亜鉛は大きく関与しているとされています。テストステロン値が十分に分泌されていないと、男性不妊にも影響を与えるとれているのです。以上のことから亜鉛も男性もぜひ積極的に摂取するべき栄養素であると言えます。

葉酸だけはとっているというご夫婦もいますが、ぜひ亜鉛も抱き合わせで夫婦で一緒に摂取することが妊娠への近道ですよ。

亜鉛を上手に摂取する方法とは?

bc11900ab49193025630a75de75ad8e7_s

亜鉛が多く含まれている食品とは?

亜鉛は主に動物性の食品に多く含まれているとされ、牛肉や豚肉などの肉類や干しエビやたらこ、ホヤ、牡蠣などの魚介類に多く含まれています。特に牡蠣は一食分当たりの亜鉛含有量が他の食品に比べて高い為効率よく亜鉛を摂取する子ができます。

さらにゴマやピーナッツ、カシューナッツなどの種実類、豆腐やきなこなど大豆製品にも含まれていますが動物性食品の亜鉛の方が体への吸収率が良いとされ動物性食品と抱き合わせでとることによって摂取の効率がさらにアップしますので、毎日の食生活では動物性食品を意識して摂取することが望ましいです。

亜鉛は1日どれくらいとればいいの?

亜鉛の摂取推奨量は、成人男性で10r、成人女性で8rとされています。しかし吸収率が良いとされている動物性食品の亜鉛でも吸収率は30%ほどとされているため、効率よく摂取するためにはサプリメントの利用がおすすめです。体内に貯蔵できないため、日々の食生活を整えるとともに足りない部分はサプリメントで補うとよいでしょう。

どんな亜鉛サプリメントがいいの?

サプリメントを選ぶ際は原材料をしっかりと明記されているかをチェックしましょう。やはり妊活中はどこのものかも分からないものは取り入れるのが不安ですよね。また亜鉛を豊富に含んだカキなどを原材料にしているものもおすすめです。また亜鉛単体でなく、亜鉛の効果をさらにアップできる栄養素がプラスされているものも良いでしょう。特にクロム、セレンは亜鉛の吸収を助ける働きがある為配合されているものを選びましょう。

亜鉛の副作用はないの?

亜鉛の過剰摂取による副作用としてはだるさ、めまいなどがありますが亜鉛は体に蓄積しない栄養素とされているので通常の摂取ではまず副作用は無いと考えてよい安全なものです。しかしながら効果を求めたいからと言ってたくさん摂取せず、サプリメントの1日目安量をしっかり守って服用しましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする