亜鉛は妊活に欠かせないミネラル成分?その効果と摂取方法とは

妊活に必須な成分「亜鉛」の働きについて

9448634069f3d3200f28cb7af996ab5b_s

亜鉛は妊活をしていく上で妊娠そのものに影響をもたらす大切なミネラル成分です。亜鉛は葉酸とともに必要な栄養素ですが、なぜ妊娠に亜鉛が必要なのか知らない人が多いのではないでしょうか。そこで今回は亜鉛が妊活に必要な理由を紹介していきます。亜鉛は、タンパク質の合成や骨の発育に関わり、新陳代謝が高め、免疫力を高めることをサポートする成分です。

また有害物質の毒性を抑えて体外へ排泄させるデトックスのサポートも行っています。その他にもDNA、RNAの合成にも関係している要素の為、ビタミンやカルシウムと同じように摂取が必要です。妊活・妊娠に限らず、普段から亜鉛が不足すると、肌荒れ、脱毛、味覚障害、生殖機能が衰えるといった症状が出ます。亜鉛が不足すると性欲の減退が起こります。

日本人夫婦の全般がセックスの回数が少なく、妊活中に性欲が減退すると夫婦の性生活がさらに減り、妊活の障害となります。亜鉛を摂取することで男性は性欲が増し、セックスの回数が増えると同時に妊娠率の上昇が期待できます。また亜鉛は活性酸素を除去する働きがある為精子の劣化に効果を与える効果や、男性の体内で精子を作り運動を活発にしている卵胞刺激ホルモンの働きを促すといった効果も期待できます。

女性にとって亜鉛は、妊娠力に影響を及ぼします。女性ホルモンのエストロゲンやプロゲステロンの働きを促し、この2つのホルモンは排卵を促し、子宮内膜を厚くして着床しやすくする、卵胞を育てる、生理を正常にするといった働きがあります。女性ホルモンを分泌することで妊娠しやすくなりますし、卵胞が育ち健康な卵子を排卵し、生理不順の解消といった効果も期待できるのです。

また、もう一つの重要な役割として亜鉛は、胎児のスムーズな細胞分裂を助ける役割もあります。お腹の赤ちゃんは毎日細胞分裂を繰り返して成長します。特に、胎児は28週目から成長の為に亜鉛を大量に必要とするのです。その過程でお母さんの亜鉛が不足すると、低身長や低体重といった赤ちゃんの発育不全のリスクが高まります。

更に亜鉛は免疫の維持や皮膚の形成にも影響を与えており不足すると赤ちゃんのアトピーの原因にもなりかねません。亜鉛不足でない母親の母乳には大量の亜鉛が含まれており赤ちゃんの免疫を作ります。つまり亜鉛が不足すれば、赤ちゃんに正常な免疫が作られない可能性があるのです。

亜鉛の摂取はサプリメントが効果的!その理由と摂取方法

0a997b62e25bef1eeb9f7ff89d5596a4_s

亜鉛は食生活からでも摂取が可能です。主に牡蠣、鶏のレバー、牛肉、豚肉、サバ、アサリ、納豆、レバー、卵黄などに含まれています。普通に食生活を送っていると不足することはないのですが、外食やインスタント食品や過度なダイエットといった不摂生な食生活を送っている場合は不足が心配されます。亜鉛は女性にも男性にも効果的であるため夫婦で積極的に亜鉛を摂取することを検討しましょう。そうすれば妊娠する確率がアップする可能性があります。また葉酸も亜鉛と同じように卵胞の発育を促しますの

で、ホルモンがしっかり分泌されることから妊娠しやすい身体を作ります。そのため不妊治療で効果が上がらない夫婦は葉酸と亜鉛の両方を摂取することが望ましいと言えるでしょう。また、亜鉛と葉酸は同じビタミンB群で2つを一緒に摂取することで栄養素がお互いに働く仕組みがある為、不妊治療として同時に摂ることが効果的です。

亜鉛のビタミンB群は水溶性の為、水に溶けやすく熱に弱いという特性から、毎日の食生活で摂取することが難しい栄養素です。亜鉛の吸収率はたった5~40%しかないのです。したがって食生活の摂取で足りない分はサプリメントで補給する形が、賢い妊活サプリメントの摂取方法の一つなのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする