男性と女性・夫婦で妊活に取り入れられる亜鉛サプリメント

妊活中赤ちゃんを授かる鍵を握っている亜鉛

9ac8159c1c3ddae941c63fea2b940d25_s

妊活をしている夫婦の健康を守る

亜鉛というのは赤ちゃんを授かるために必要となる大切な栄養素の一つで、男性女性共に健康な身体作りや生殖機能を高めるために重要な働きをします。

免疫細胞を活性化する作用で活性酸素を除去し、生活習慣病から身体を守りつつ卵子と精子を含めたアンチエイジングを行うことができますし、粘膜の健康を保つために必要となるビタミンAを身体に留める作用で、のどの痛みや鼻水といった風邪の症状も緩和します。妊活中、不妊治療中の大切な身体を保護するためにも重要な働きをするものです。

亜鉛の役割

亜鉛というのは体中にある細胞全体に存在しているもので、DNAやたんぱく質の合成の働きに関与しています。特に血しょうの中に含まれる亜鉛はたんぱく質と結合しており、免疫機能に関係してくるものです。さらには糖の代謝にも必要になってくるもので、インシュリンの合成などにも必須となるミネラルになります。

そんな亜鉛ですが、尿や汗によって排出される量が鉄の10倍にもおよび、ダイエットをしたり運動で大量の汗をかくことで不足を起こしやすいものです。また、加齢によっても尿中の亜鉛の量が増えてどんどん身体から流出していってしまいます。

不足をしてしまうと免疫力が低下しますし、全ての細胞の元になっているたんぱく質の合成も充分に行われなくなりますから、新しく細胞が生まれてきません。当然受精卵が育つために必要となる細胞分裂も衰えてしまうことになります。亜鉛は胎児を成長させるのに欠かすことのできない栄養素なのです。

男性だけではなく女性にも重要な亜鉛

3023a6ddb17c871280831af3bcd33e1f_s

女性の妊活にも取り入れたい亜鉛

イメージ的に男性に必要となる成分だと思われがちな亜鉛ですが、女性の健康な身体作りにも欠かすことはできません。妊娠に必要となる女性ホルモンのバランスの正常化ですが、亜鉛によって黄体形成ホルモンや卵胞刺激ホルモンに作用しやすくなるのです。

そもそも亜鉛は卵子にも多く含まれているもので、正常な卵子の形成、または分泌液などの生成のために必要となります。不足してしまうとそれらが阻害されてしまうので、食生活やサプリメントなどで積極的に亜鉛を摂取していかなければなりません。

女性ホルモンと亜鉛の関係

下垂体で生成される黄体形成ホルモンと卵胞刺激ホルモンの機能を高める亜鉛ですが、これらの働きが弱まってしまうと女性ホルモンであるエストロゲンとプロゲステロンの分泌量自体が低下してしまいます。

  • 低温期が長引くことで排卵が遅れてしまう
  • 排卵をしない無排卵月経が起こる
  • 子宮内膜の厚みが育たない
  • 高温期が短くなって子宮内膜が保てない

などの月経の乱れが生じてしまい、女性の体調を悪化させてしまいます。妊娠を望む妊活中は正常な生理周期が巡ることが必須ですし、そのまま放っといてしまうと亜鉛不足が酷いホルモンバランスの乱れを生じさせてしまうのです。亜鉛を摂ることでこうした自体を避けられますし、さらに強い抗酸化作用によって不妊の大きな原因となる卵子の老化も予防することができます。

卵子の老化を予防することについて

酸素を取り入れて活動している人間の身体は、活性酸素によって酸化をしていってしまいます。活性酸素によって大切な卵子も錆付いて老け込んでしまうのです。老化してしまった卵子というのは、染色体異常を持つ可能性が高まってしまいます。こうした卵子は受精をしにくく、着床もしにくく、そして成長も難しい性質を持つことになります。

そんな廊下の予防に役立つのがスーパーオキシドディスムターゼという活性酸素を除去する物質なのですが、この原料が亜鉛なのです。

受精卵の細胞分裂を活性化させる

DNA、RNAなどの核酸の細胞分裂に関わってくる酵素を活性化させるのが亜鉛です。精子と結びついた受精卵というのは着床する前の段階から細胞分裂を繰り返し、成長させていきます。その後胎児を大きくさせていくためにも引き続き細胞分裂のために亜鉛が必要です。そのため妊娠中の女性というのは慢性的に亜鉛不足に陥りがちです。妊婦に多い味覚の変化も、この亜鉛不足が一因となっています。

お母さんが亜鉛欠乏だと当然胎児も亜鉛不足になってしまいますから、低体重、低身長などの影響が出てきてしまいますので、妊活中・不妊治療中からしっかりと亜鉛を摂取していくことを心がけていかなければなりません。

妊活に励む男性に必要となる亜鉛

327c2d5380f4d3171f3c61f23bdb00b2_s

セックスミネラルとして有名

亜鉛サプリメントといえば男性の機能を高めるための栄養素として、男性用のものという印象があります。それは亜鉛の男性ホルモンの合成促進作用によるもので、精子量を増やしたり、勃起機能の維持にも役立つ成分だからです。また、亜鉛の抗酸化作用によって老化ダメージを減らして精子の質を高めることができ、染色体異常を持っている精子の割合を減少させることができます。

似たような性質を持っている栄養素には

  • ビタミンC
  • ビタミンE
  • コエンザイムQ10

なども挙げられます。

精子の液体がサラサラと水っぽかったり、逆に濃すぎる場合には亜鉛不足の兆候にあるとされているので注意が必要です。精子というのは生成から機能するまでに3ヶ月程度かかるものですから、日常的に食生活やサプリメントで亜鉛を取り入れていきつつ、質のいい状態を保っていきたいところです。妊活中、不妊治療中であればなおさら、早めの摂取をおすすめします。亜鉛濃度が高まれば、精子の量も運動量も増加します。

男性ホルモンと亜鉛の関係

男性ホルモン、テストステロンの生成に必要となる亜鉛は、テストステロンを5αリダクターゼと呼ばれる酵素と結びついてジヒドロテストステロンに変化させるのを防ぎます。このジヒドロテストステロンはAGAの原因にもなるハゲに繋がる物質ですが、健全な精子生成を阻害するとも考えられているものです。

テストステロンがテストステロンとして機能することで健康的で活動的な精子の量が増えますし、勃起障害の改善にも繋がるとされています。また、亜鉛は精液の中にもたくさん含まれており、尿と一緒に排出されてしまうものです。夫婦生活に励む妊活中は特に意識して食生活、サプリメントから摂取をしていかなければ不足してしまいがちですから注意をしてください。

亜鉛を取り入れていこう

2eeaa1d9f421041282953b5c4598babf_s

亜鉛を多く含む食材

食材100gに対して摂取することができる亜鉛の量は、

  • 牡蠣は13.2mg
  • 豚レバーは6.9mg
  • ほやは5.3mg
  • 卵黄は4.2mg
  • カニは4.0mg
  • うなぎは2.7mg

などです。特に多い牡蠣に関しては亜鉛の他にもビタミン各種やミネラル、銅、そしてスタミナ源として役に立つグリコーゲンなども含まれています。また、チーズや大豆製品などは同時に良質なたんぱく質、大豆イソフラボンなどどちらも妊活に欠かすことのできない成分を摂ることが可能ですのでおすすめです。バランスの取れた食生活の中で、さまざまな食材から亜鉛を摂ることが大切になります。

1日の摂取量を守り摂りすぎには注意する

成人女性が必要となる1日の亜鉛目安摂取量は9mg、男性の場合は12mgです。食事から取りすぎてしまうのではと心配されますが、実は吸収率がとても低いため、取り入れたものの70%以上はそのまま排出されてしまいます。

吸収効率をアップさせるためにはビタミンCの同時摂取が効果的ですが、簡単なのはやはりサプリメントからの摂取になります。特に不足が心配される妊活中の際には、効率の良さを考えると亜鉛サプリメントが欠かせません。用量をきちっと守って摂取するようにしてください。

そして、亜鉛は摂りすぎてしまうと

  • 頭痛
  • 倦怠感
  • 発熱
  • 脱水症状
  • 腎臓障害

などを引き起こすことがあります。1日で2000mgを超えると急性中毒の危険もありますから、最高でも上限である女性の35mg、男性の45mgを超えないようにしてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする