35歳からの妊活体験!晩婚、晩産夫婦にオススメの妊活のススメ

自分は大丈夫だと思わないで!35歳から妊活が必要な理由

24510f01e4d5a55046c2d0b5280561b2_s

妊娠を希望していないと気づきにくいことですが、35歳を過ぎると自然妊娠しづらいと実感するようになることが多いです。実は、妊娠しやすい身体というのは20代から30歳前半までにピークを迎えます。20代~30代前半というのは男女共に仕事やプライベートの付き合いに追われて子供を後回しに考えてしまいがちが、必ず子供が欲しいと願っている人達ならこの年代の時に子供を授かることを優先的に考えておきたいところです。

35歳から40代以降になると、人間の身体は老化の一途をたどり生殖機能にも悪影響が出てきます。生殖機能が衰えれば、胎児を形成する為の精子や卵子が老化して妊娠しづらくなってしまうのです。身体や生殖機能の老化は個人差があるので、35歳以上で何もしなくてもも自然妊娠する人は存在します。

しかし、自分は大丈夫と思っていると後々後悔することになるので、若い内から人生設計を考えておきましょう。もしも35歳以上から妊娠を希望する場合は、卵子と精子の活性化を図って妊娠しやすい体づくりを目指すことが必要不可欠です。サプリメントの服用や食生活の改善をする、いわゆる「妊活」を夫婦で行い、健康的な胎児を授かれるようにしましょう。

男性も協力して!妊活は夫婦2人で行うことが基本

35歳以上から身体が老化を初めて生殖機能に悪影響が出るのは、女性だけではありません。当然、男性の年齢も不妊に影響を及ぼしています。古風な考え方をする人達の間では、いまだに不妊症の原因が女性の老化と考えられていますが、それは全くの間違いです。不妊症の原因は女性だけが不妊因子を持っている場合もあるし、男性だけが不妊因子を持っている場合もあり、

夫婦2人で不妊因子を抱えていることもあります。だからこそ、不妊原因を相手になすりつけるような行為はもってのほかです。夫婦2人で協力しながら妊活をすることが大切となります。

晩婚、晩産夫婦にピッタリの妊活は?早期の不妊検査が大切

d64ec3e86139b55d0244dc02fe5d1598_s

晩産を希望する夫婦がまず知っておかなければならないことは、出産のタイムリミットについてです。一般的に35歳以上からの出産は高齢出産と呼ばれ、妊娠がしづらくなる年齢の節目と言われています。自然妊娠の確率だけを見ても35歳以上から徐々に低下していき、45歳以上の自然妊娠確率は1%まで低下します。

そして、体外受精や顕微授精などの不妊治療を行って妊娠する確率の場合、20歳代で20%以上をキープしているのに対し、35歳以上から徐々に下降していき、40~43歳以降での妊娠率は5%をきってしまいます。これらの年代別の妊娠率を見比べると、妊娠のタイムリミットは40歳代で迎えるということがわかります。なので、35歳以上から妊活を始めたとしたら出産のタイムリミットまであとわずかしかないことになります。

そう考えると無駄な時間を費やしている暇はありません。35歳以上から妊活を始める場合は、葉酸などのサプリメントの服用、食生活の改善、エクササイズ、ストレス発散などの一般的な妊活に加えて、早期の不妊検査を行いましょう。不妊検査を行って夫婦のどちらかに不妊因子を見つけることが出来ければ、より速い段階で、不妊因子に合わせた不妊治療が行えるようになります。

もしも不妊因子が見つからない場合は、医師によって正確に測られたタイミング療法が行えるので、妊娠の確率をアップさせることができます。早い段階で不妊検査を行う最大のメリットは、不妊因子が見つからない、タイミング療法で妊娠出来ない時に、不妊治療の選択肢が増えることです。当然、不妊治療は年齢が若いほど選択肢が広がります。

35歳以上からの妊活はサプリメントや食生活の改善などを行う妊活も良いですが、平行して不妊検査を受ける必要があることを覚えていきましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする