妊活者必見!不妊治療にサプリメントを取り入れるべき5つの理由

なぜ妊活にサプリメントは効果的なのか?

6b66ec8686cd695ff2a07f29d8313227_s

病院で不妊治療を受けながら妊活する人は少なくありません。以前であれば妊活といえば専門の病院に通い、高い治療費を支払い、苦痛を伴う治療を受けることが常識でした。しかし妊活サプリメントが雑誌や書籍などで流行ったことによりその常識にも変化が起き始めています。妊活は病院の苦痛を伴う治療だけでなく、妊活サプリメントを取り入れることが妊活中の夫婦の間で常識となってきているのです。

では一体なぜ妊活サプリメントは妊活中の夫婦の間で求められるようになったのでしょうか。その理由は妊活サプリメントには妊娠する力を高める為の成分が凝縮して含まれているからなのです。妊娠しやすい肉体をつくることは妊活の常識ですが、その為にはビタミンB、ビタミンE、そして亜鉛などを取り入れることが欠かせません。

これは必要な栄養素の一部でしかありませんが、これらを毎回の食事で効率的に取り入れるとなると、食事にはかなりの配慮が必要になりますよね。またビタミンBやビタミンEが豊富な食材を用意したとしても調理方法によってはその栄養素が破壊されてしまうかもしれません。また調理は正しくできていても食べ合わせを失敗すれば効率的に栄養を体に取り入れるのは難しいですよね。

しかし妊活サプリメントなら、そういった食事では補いきれない栄養素を体に取り入れることができるのです。特に最近の夫婦は共働きの家庭が少なくありません。女性が働きながら食事を含めた家事をこなすことは決して簡単ではないですよね。つまり忙しい社会生活を過ごしながら妊活する為にも、妊活サプリメントは効果的だと言えるのです。

妊活中に食べるべき食品とは

7e062637d72f7d20421865441acfd891_s

妊活サプリメントには妊活に必要な栄養素が凝縮されているわけですが、妊活サプリメントだけで全てを補おうとしてはいけません。妊活サプリメントはあくまでも主食の栄養があることを前提に作られているものだからです。したがって妊活中は食生活も大切にしなければなりません。

では妊活中はどのような食事を心がけるべきなのでしょうか。妊活に必要な栄養素は複数ありますが、最も大切なものの一つは葉酸です。葉酸は胎児が成長する為には欠かせない栄養素だからです。そして出産した後も葉酸は必要になります。何故なら葉酸は授乳の為にも必要な栄養だからです。ではここで葉酸が含まれる食品を紹介します。妊活中はサプリメントだけでなくこれらの食品も意識的に取り入れていきましょう。

  • レバー

レバーは鶏、牛、豚を問わず葉酸が多分に含まれています。苦手な人もいるかもしれませんが、他の食品よりも圧倒的に葉酸が多いので、妊活中は積極的に取り入れていきましょう。

  • うなぎ

うなぎはスタミナの代名詞ですが、葉酸が多く含まれている食品の一つです。夏バテ対策だけでなく妊活の為には定期的に食べるべき食品と言えるでしょう。

  • モロヘイヤ

緑黄色野菜にっは基本的に葉酸が含まれていますが、その中でもモロヘイヤは比較的葉酸が多めに含まれています。

  • アスパラガス

アスパラガスは意識しなければ中々食卓に並ばないかもしれませんが、意外と調理が簡単で、一品つくるのは難しくありません。日常的に食べるべき野菜の一つです。

  • 焼きのり・味付けのり

これは盲点かもしれませんが、焼きのりや味付けのりにはふんだんに葉酸が含まれています。毎朝の食事をのりとご飯を中心とした和食にするだけで、妊活にとってはプラスとなるでしょう。

この他にも葉酸は様々な食品に含まれていますが、上記のどれか一つだけでも積極的に摂取するだけで、何かしら妊活にプラスとなることは間違いありません。また葉酸は妊活をしていなかったとしても人体にとっては不足させてはいけない栄養素の一つです。

葉酸が無ければ肌荒れや疲労感を感じやすくなるなど、身体的に不調をきたすリスクがあるのです。妊娠、出産には健康的な体、そして体力が欠かせません。だから日頃から葉酸を意識した食生活を過ごすことが大切なのです。

妊娠活の為には食生活だけでなく運動習慣も見直そう

f2c743fb5795fecca7a7ebe0676178d2_s

妊活の目的は健康的な卵子と精子をつくる為です。その為には夫婦そろって妊活に取り組まなければなりません。夫婦のうち奥さんだけが妊活したとすれば健康的な卵子ができるかもしれませんが、精子は健康的とは限らないですよね。だから妊活は夫婦のうちどちらかだけが取り組むのではなく協力することが大切です。その為には当然、妊活サプリメントも同じように取り入れ、同じように食生活も改めなければなりません。

しかし妊活に必要なことは体に取り入れる改めるだけではまだ足りません。実は運動習慣も見直すことも大切なのです。忙しく夫婦で共働きをしていると運動する暇はないかもしれませんが、毎日ほんの少しでも運動する時間は取り入れるべきなのです。なぜなら、タバコが体にとって良くないことは周知の事実ですよね。だから妊活をはじめて、禁煙をしたという人も少なくないでしょう。

しかし実はタバコを吸うことよりも運動しないことの方が健康にとってはリスクがあるのです。これは冷静に考えれば分かることですが人間は生物学的に見れば植物ではなく、動物に分類される生物ですよね。つまり人間は体を動かすことを前提に全ての内臓や関節など身体が存在しているのです。その証拠に長期間運動しなければ人間の身体はどんどんと衰えていってしまいます。

しかしながらしっかりとした運動習慣がある人の体は60歳を越えても圧倒的な筋力と柔軟性を誇ることができるのです、それに筋肉量は血液循環にも影響しています。血液は体の各部位に栄養素を運ぶわけですが、筋肉が過剰に少なければ体のすみずみまでしっかりと栄養が届けられないリスクがあるのです。そうなると体の不調を招きやすくなってしまいますよね。

だから妊活をはじめる場合は、運動習慣も改善するべきなのです。だけど何も難しいことをする必用はありません。毎日、通勤の時にエレベーターではなく階段を使うことや、休日に少しランニングを取り入れるだけでも構いません。隙間時間にストレッチをすることや、簡単な筋トレをするだけでも体は少しずつ変わりはじめます。大切なことは日々意識的に運動を取り入れようとする心構えなのです。

不妊治療にサプリメントを取り入れるべき5つの理由

fbf0ebb0fee84a8a4f8d3566271b99fd_s

ここまで妊活に必要な食品や運動についてお伝えしましたが、いかがでしたか。妊活サプリメントは単独ではなく、こういった生活習慣の改善と合わせて取り入れることでより効果的な結果が望みやすくなります。ではここで、これまでの内容を踏まえて不妊治療にサプリメントを取り入れるべき5つの理由を紹介しましょう。

  • 妊娠の為に不足しがちな栄養素を補える
  • 調理に時間を取られずに必要な栄養素が取り入れられる
  • 適切なサプリメントを選べば卵子の老化を予防できる、
  • 血液循環を良くして、血液体温が上がる可能性がある
  • 体外受精をしなくても妊娠できる可能性が高まる

このように妊活にサプリメントを取り入れることは、妊娠する可能性を高めてくれる要素があるのです。当然、経済的な負担がかかる等のデメリットはありますが、体外受精などの病院での対応に比べると経済的な負担はそこまで大きなものではありません。

つまり妊活サプリメントを日常に取り入れることは、そこまで高いハードルではないのです。結婚して数年は子供ができなくても問題ないかもしれませんが、それが5年や6年となってくると親戚や親などからのプレッシャーが強くなるケースは少なくありません。だから妊活は子供ができにくいなと自覚しはじめたら、なるべく早い段階ではじめることが大切なのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする