妊活に漢方は効果的?漢方とサプリメントの使い分けについて

漢方もサプリメントのように使い分けることが大切

95fcf58b21f4589660f7dfde500c8c8c_s

妊活で漢方を利用することは不妊治療と同じくらい一般的です。しかし漢方は実際のところ妊活にどの程度効果をもたらすのでしょうか。疑問に思っている方も多いかもしれませんが、実際に不妊治療に何度も挑戦しても妊娠できなかった方が漢方で妊娠したという例は多く存在しているのです。クリニックで行われる不妊治療は、検査をして不妊原因を突き止め、それを治療するという事の繰り返しです。

その為、卵巣・子宮・卵管・卵巣といった生殖機能の異常が原因の場合は強みを発揮しますが、原因がわからない不妊も多くあり、この場合は有効な手立てが講じられていないのが現状です。一方で、漢方は、副作用が少ない身体に優しい薬としても知られており、自然治癒力を高め、体質を改善して不妊を克服していこうという東洋医学の考えに基づいています。

漢方はクリニックで不妊の原因がわからない場合に身体の症状で対処できるのが魅力です。漢方薬は基本的に、不妊の原因が生殖器官だけにあるわけではないと考え、医師は腹診、脈診、舌診によって患者の体質を判断し、植物や動物、鉱物など自然界に存在するものを材料にした天然薬物の生薬を2種類以上組み合わせて処方を行います。

漢方薬では体質を改善することから、東洋医学で、未病と呼ばれる手足の冷えや体の疲れ、胃腸の不調といった病気に向かう症状に効果的と考えられています。手足の冷えや体の疲れは、妊娠しにくい身体をつくる原因にもなりますので漢方によって体質改善をすることは妊活でも効果的と言えます。

漢方医学では、人には持って生まれた先天的な体質と後天的に作られる体質があり、後天的な体質を改善し、丈夫な体を作れると考えられています。妊活で漢方を利用する場合は、?血という血の巡りが悪い状態、血虚という血が体に少ない状態、気虚という消化器系の動きが悪く栄養が取りこめない状態など自分の体質がどれに当てはまるか探して処方を行います。

また、不妊の場合は、不妊の原因がホルモンバランスなのか、冷えなのか、生理不順によるのかを特定してそれらを根治する為に必要な漢方を処方し体質改善しながら妊娠しやすい身体づくりを行います。また漢方は生殖器に効果がないわけではありません。

生理周期を整え、卵巣機能を改善することを目指した漢方もあるので、漢方も使い分けることが大切です。因みに、漢方は副作用がないと思われがちですが、処方が合わない場合、じんましん、熱、むくみ、動悸、不眠、食欲不振といった症状を引き起こす可能性があるので注意が必要です。

漢方による妊活が合わない場合は他の方法を選べばいい

dd375236a11f597118efa0637bfa1423_s

漢方薬は、基本的に飲みにくいと感じる人が少なくありません。味が合わないと感じる場合は無理して飲む必要はありません。逆にストレスになる可能性があるからです。その場合は、漢方ではなく毎日の食生活に栄養補助食品として取り入れやすい、サプリメントを検討してみてはいかがでしょうか。最近では妊活によいといわれる成分が配合された、妊活サプリと呼ばれるサプリメントが開発されています。それらのサプリメントは色、味、形で自分が飲みやすいものを選ぶことが出来ます。サプリメントは栄養バラン

スの摂れた食生活と合わせて足りない栄養素を補うために摂取することが望ましいとされています。特に葉酸とマカは妊娠で最も重要な卵子と精子の質の向上にも効果があるとされている為、夫婦で利用する場合は検討する価値があると言えるでしょう。妊活は一つの方法が上手くいかなかったとしても諦める必要はありません。漢方を取り入れにくい場合は、他の方法を選べばいいのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする