日本人女性のほとんどが不足しているカルシウムを補おう!

カルシウムから得られる効果

cd2917412be793e397b85278f1c53287_s

慢性的に不足しているカルシウムを摂取しよう

丈夫な骨や歯を作るために必須となるカルシウムは、妊娠出産、そして育児をする際に重要な栄養素です。にもかかわらず、現代日本においては成人女性のほとんどがカルシウム不足の状態であるとされています。食生活の中でカルシウムが不足してしまっても骨から補って身体活動に役立てていますので、すぐに体調を崩してしまうということがなく気がつきにくいのですが、生活を改めずにカルシウム不足が慢性化してしまうと、その分どんどんカルシウム貯蔵庫である骨の密度が低下していってしまいます。

妊活・不妊治療を始めようと思って急にカルシウムを意識しだしてもすぐに不足を補えるものではありませんから、日常的に摂取を心がけていきたいところです。不足したままでは赤ちゃんの骨の形成に使用される分のカルシウムを補うことができず、どんどん母体の骨に蓄えられたものが使用されていき脆くなってしまいます。普段からしっかりとカルシウムを摂取しておくことがいかに大切かがわかるはずです。

カルシウムの身体の中の役割

人間の身体で一番多いミネラルであるカルシウムは、体重の2%を占めているほどです。そのうちの99%は骨と歯を構成するための要素として存在するものですが、他1%は神経や筋肉、血液の中に含まれていて生理機能を調整させるために作用しています。血液の中にあるカルシウムは緊張状態・興奮状態を抑えて精神の安定を図り、筋肉の活動に使われ、血圧が上がりすぎたり動脈硬化を予防するなどの効果に役立っています。

妊活とカルシウム

妊活においてカルシウムは

  • 細胞分裂の促進
  • ホルモン分泌量を増やす
  • 鉄分の代謝をアップさせる

などの効果が期待されます。

ホルモン分泌量を増やして卵子と精子を成熟させ、働きを活発にさせるのにもカルシウムは非常に重要な存在になります。男性と女性どちらかが不足してしまっている状態ですと卵子と精子の動きが鈍り、受精しにくくなってしまうのです。不妊治療を行っている夫婦はどちらか、または両方が深刻なカルシウム不足である確率が高いという検査結果が出ています。

そして、妊娠をしたあとは母体内に存在するカルシウムが30g使用され、出産したあとは母乳を通して1日に200mg以上も排出されることになるため、意識して補充していかなければ妊活、不妊治療の末に赤ちゃんを授かっても深刻なカルシウム欠乏症に陥ってしまう危険が高まります。母体が骨粗しょう症になってしまうだけではなく、赤ちゃんの骨が弱くなり発育不全になるなどの悪影響の原因にもなるのですので、予防のために摂取をしていかなければなりません。

カルシウムを補う効率のいい方法

2919baaa234b0a84b7fc8cc35245e6a2_s

食生活から摂取しよう

成人女性の1日の摂取量は平均して450mg未満と、必要摂取量である650mgを大きく下回っています。そんなカルシウム不足を解消するためには、日頃の食生活を改めていく必要があります

  • 牛乳、チーズなどの乳製品
  • イワシ
  • サバ
  • ワカメ
  • 納豆など

こういったものがカルシウムを多く含んでいますが、中でも吸収率の高い乳製品からの摂取がおすすめです。また、マグネシウムとビタミンDと共に取り入れることでカルシウム吸収率がさらにアップします。

  • 大豆製品
  • ナッツ類

などと一緒に摂取していくと効率がいいです。

サプリメントを活用するのがおすすめ

生活が不規則で食事からでは補いきれないという場合には、サプリメントを利用していくのが手軽です。サプリメントでしたら1日の摂取量を正確に把握していくことができますし、吸収率を高めるための成分も含有されていることが多いのでカルシウム吸収効率もアップします。

マグネシウムやビタミンDの他にも、

  • ビタミンC、K
  • 乳糖
  • クエン酸
  • カゼインホスホペプチド

などが一緒に配合されているサプリメントが有効です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする