妊活サプリメントだけでいい?高齢妊娠する際の5つの注意点

40歳を越えて妊活する際に考えなければならないこと

91aec649c7a14b6aeda19a42f7f0e4aa_s

晩婚化が進むことにより高齢妊娠は珍しいことでは無くなりました。しかし10代の妊娠・出産と20代の妊娠出産が違うように、30代の妊娠・出産と40代の妊娠・出産は異なります。ある程度年齢が経過してくると妊娠しにくくなるだけではなく出産時の負担も大きくなります。したがって、妊活する場合は年齢に応じた取り組みが必要となるのです。

通常の妊活は病院での不妊治療、卵子、精子を健康に保つ為の妊活サプリメントの導入、食生活の改善等、やらなければならないことは多岐に渡ります。そしてそれは高齢な出産になればなるほど入念に取り組む必要があります。妊活におけるよくある勘違いとしては、何か一つのことだけを良くすればいいと考える、ということがあります。

検査で精子や卵子の健康状態が良くないことが分かれば、卵子を健康にすればそれだけえいい、精子を健康にすればそれだけでいい、と考えてしまいがちなのです。だからそういう、卵子や精子の健康に関係するサプリメントを購入してそれで満足してしまうのです。10の出産であれば健康状態はそもそも良好な場合が多いので、その程度の妊活や出産への備えで間に合うかもしれません。

しかし20代後半、30代、40代となってくると同じようにはいかないのです。では40歳を越えて妊活する際に考えなければならないことは、一体何なのでしょうか。それは年齢対策に特化した食生活の改善をすること、そして妊活サプリメントを日々の生活に取り入れることです。卵子の老化、精子の老化を防ぎながら妊活に取り組む必要があるのです。

高齢妊娠を目指す場合、焦らずに長期的に考えよう

57bc7ad5853a4838c2ab9b6d1104b05b_s

年齢は重ねれば重ねる程、徐々に妊娠できる確率が下がります。1回の性行為で妊娠する確率はやはり30代よりも10代の方がはるかに高いのです。そこで妊活の一環としてどれだけアンチエイジングに取り組んだとしても実際の年齢を若返らせることはできないですよね。だからある30代後半、もしくは40歳を過ぎてから妊活をはじめるのであれば長期的な取り組みになることを覚悟しておけなければなりません。

一年以内、二年以内、と期限を区切ってしまうとそれが達成できなかった時に感じる虚無感は、大きくなってしまいがちです。普通に考えれば目標を達成する為には期限が必要なのですが、高齢妊娠を考える場合はそこの考え方を変えなければなりません。最初から3年、4年時間をかけるくらいの心構えで丁度良くなる可能性があるのです。

何故なら、妊娠するまでにしっかりと身体を整えようと考えれば実は1年くらい時間をかけた方がいい場合があるからです。1年間という時間をかけてありとあらゆる生活習慣を健康的なものに変えていくのです。例えば住居、鉄筋コンクリートより木造住宅の方が、人体への肉体的、精神的ストレスは大きく変わります。職場のストレスも妊活には脅威となります。

職場環境がストレスフルなのであれば時間をかけてそこを改善する、もしくは異動願いを出す、もしくは転職することが必要になるかもしれません。食生活の改善も短期的なものではなく、長期的に時間をかけて変えていく必要があります。

妊活中だけ葉酸、鉄、ビタミン、ミネラル、そういった妊活に必要な栄養分を取り入れるのではなく、普段の生活で何も考えなくても充分にそれらの栄養が取り入れられるような食生活に変わらなければなりません。習慣を変えることは簡単ではないかもしれません。しかし、時間をかけて変えることができた習慣は、今後10年も20年も継続できる可能性があるのです。

例えば不妊治療として体外受精を選択したとしましょう。これは病院ごとにデータを見せてもらえる場合もあるのですが、治療結果を年齢別に確認すると、明らかに35歳を区切りとして、成功率が下がります。それは加齢による影響が卵子にも及ぶことが関係していると言われています。

また男性も年齢を重ねればその影響は精子にも及びます。だから35歳を越えてから妊活に取り組む場合は、それまでの年齢よりも強い意志を持つ、生活習慣そのものを変えること、そして不妊治療などの妊活に取り組むことが求められるのです。

妊活サプリメントは卵子の健康状態を良くすることにフォーカスしよう

0a997b62e25bef1eeb9f7ff89d5596a4_s

高齢妊娠に取り組むのであれば、どうすれば妊娠しやすい体質に変化していけるのか、それを常に考え続けなければなりません。それは女性だけではありません。男性でも同じです。少しでも妊娠しやすいように、考えながら妊活に取り組む必要があるのです。特に女性の場合は、卵子の健康状態を良くすることを考えなければなりません。なぜなら卵子は年齢を重ねると卵子の総数が減っていくからです。

そしてそれだけでなく卵子の健康状態、つまり卵子の質も低下します。この加齢による卵子の老化は自然の摂理でもあります。どれだけ妊活サプリメントや不妊治療に取り組んでも、自然の摂理そのものを変えることはできません。

しかし自分の身体に合った妊活サプリメントを選び、適切な不妊治療をすることで卵子の老化の速度を抑えることができ、また年齢よりも病的な状態になっている場合は、健康的な状態に近づけることができるのです。そして卵巣の中の卵子の健康状態は全てが一律に保たれているわけではありません。質が低下している卵子もあればまだ健康的な状態である卵子も同時に存在しているのです。

この前提を踏まえて妊娠の為に取り組むべきことがあります。それは着床の機会を増やすこと、つまり性行為の回数を増やすことが大切なのです。そうすることにより、低下した妊娠の確立を補うことができるのです。また妊活サプリメントはビタミン、鉄分、亜鉛、葉酸、こういった栄養素が含まれたものを積極的に取り入れましょう。そうすることで、卵子の健康状態をキープするサポートとなるのです。

高齢妊娠・出産する際の5つの注意点

3909c198d4cc478ee343d6907c028801_s

35歳を越えて妊娠する場合、それ以前の妊活と大きく変える必要はありませんが、確実に変化させなければいけないことがあります。それは心構えです。考え方は年齢に応じて変えていかなければなりません。これは難しいことかもしれませんが、絶対に子供を授かるという情熱、そして夫婦で協力することは大前提です。しかし心のどこかで授からなかった時の自分を受け入れる覚悟も同時に持っておかなければならないのです。

この相反する感情を自分の中で共存することは簡単ではありません。当然、10代や20代でそのような心構えになることは難しいでしょう。高齢出産に挑む場合は明確な目的意識だけでなく柔軟な視点、柔軟な思考が必要なのです。ではここで高齢妊娠・出産する際の5つの注意点を紹介します。

  • 妊活を短期的に考えてはいけない
  • 治療期間が長引いても諦めてはいけない
  • 不妊治療だけでなく生活習慣全般を見直そう
  • 高齢出産で成功した友人・知人を持とう
  • 高齢出産に対して否定的な人の話を聞いてはいけない

35歳以上で妊活に挑む場合は、これら5つのことに注意してみてください。さてここまで高齢妊娠する際の5つの注意点についてお伝えしましたが、いかがでしたか。年齢を重ねればそれなりの配慮が必要になることをご理解いただけたのではないでしょうか。40歳を越えてからの妊娠・出産を考えている場合は、長い時間をかけて健康状態を改善すること、そして地道に妊活を続ける心構えが大切なのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする