30代・40代でも大丈夫!高齢妊娠をサポートする妊活サプリ

高齢で妊活をスタートするケースが多くなっている原因

f8ee4b644a81c06e60cdbe5ce91099bc_s

ひと昔前であれば、30代後半での妊娠は非常にレアなケースであり、40代で妊娠するなどということはまず考えられない状態でした。また、女性の結婚自体が早く、妊活に取り掛かる時期自体が早く、また妊娠に対してのプレッシャーも現代よりは強かったため、妊活にも積極的に取り組んでいたので、20代のうちには出産をするというケースがほとんどでした。

しかし、近年は女性の社会進出も進んでいるため、20代のうちは仕事に明け暮れていて、気づいたら30代。子供が欲しいと思っても仕事が忙しいので、先送りにしているうちに30代後半。そして、慌てて不妊治療のために病院に駆け込んだり、妊活といった形で食生活の改善であったり、サプリメントの服用を始めるといったようなケースが後を絶ちません。

ただ、現代では不妊治療も進んでおり、妊活をサポートするためのサプリメントも良いものが揃っているため、決して30代後半、40代になっても妊娠をあきらめる必要はなくなりました。今回の記事ではこのような高齢になってからの妊活をサポートするためのサプリメントについて述べていきます。

高齢での妊娠を可能にするための妊活サプリメント

6b66ec8686cd695ff2a07f29d8313227_s

妊活のためのサプリメントというのは基本的には本来食生活で摂取するべき妊娠のために良いとされる栄養素をサプリメントという形で提供するものになります。では妊娠のために良いとされる栄養素とはどういったものになるでしょうか。この妊娠のために良い栄養素というのは30代後半・40代になってくると衰えが顕著になるような卵巣機能の衰えを防ぐための栄養素になります。

この卵巣機能が衰えてくると質の低い卵子が提供されることになります。質の低い卵子というのは精子が受精のために卵子にたどり着いてもなかなか受精しない、もしくは精子と受精してもなかなか子宮に着床しないという卵子になってきます。結果として、高齢になると妊娠が難しくなるという現実があります。このような卵子の質の低下を防ぐために卵巣機能を維持・向上させていく必要があります。

このような役割を持っている栄養素としてはまずは抗酸化作用のある栄養素を挙げることができます。心身がストレスを受けると活性酵素という物質が大量に発生してしまい、このような活性酵素が卵子を傷つけています。したがって、この活性酵素を除去する働きを持つ栄養素であるビタミンEを挙げることができます。ビタミンEはカボチャなどに多く含まれているので、そのような食材を食生活で取り入れるか、妊活サプリメントの形で摂取するようにしましょう。

また、同時にコエンザイムQ10のような成分もビタミンEと併せて摂取すると優れた抗酸化作用を発揮します。このコエンザイムQ10に関しては食生活の中で取り入れるのは難しいので、妊活サプリメントの形で摂取するようにしましょう。

また、高齢になるということはそれだけ流産の可能性が高くなるということを意味しています。特に妊娠したことがあるけれども、流産したことがあるといった人は要注意になります。先ほど高齢になると妊娠しづらくなる理由として、受精しづらくなるということに加えて、受精卵が着床しづらくなるためであるということを述べました。若い頃に流産した人はこの着床がうまくいかない障害である着床障害の傾向があるかもしれません。

このような受精卵の着床の問題を解決するために効果があるとされている栄養素があります。それが「葉酸」というものになります。妊活サプリメントのコーナーに行けば葉酸を含んでいるサプリメントは非常に多く販売されています。それほどメジャーなサプリメントになっています。この葉酸も非常に重要な栄養素になるので、不足しないように食生活よりもサプリメントという形で補っていく方が良いでしょう。

高齢での妊活を考えた場合、まずはビタミンE、コエンザイムQ10、葉酸の3つを三種の神器として重視して妊活サプリメントを選ぶようにしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする