何故 葉酸サプリメントを厚生労働省は推奨しているのか?

厚生労働省が葉酸サプリメントを推奨する理由

0a997b62e25bef1eeb9f7ff89d5596a4_s

葉酸の1日の摂取目安

2000年から厚生労働省は妊婦や妊活中の人に葉酸を摂取することを推奨しています。そして2002年からは母子手帳に葉酸を摂取するように記載されるようになりました。近年葉酸の摂取を推奨するようになった最大の理由は胎児の神経管閉鎖障害のリスクを低下する為だと言えます。

厚生労働省は妊活中の人、妊娠中の人に対し神経管閉鎖障害の発症率を下げて健康な赤ん坊を出産する為に葉酸を摂取するように勧めていて、1日に必要な葉酸はの摂取目安は400μgと設定されています。この数字は通常時の2倍に該当する数字でそのことからも妊活中、妊娠中の女性にいかに葉酸が必要なのかが分かります。最も葉酸が必要な時期は妊娠1ヶ月前から妊娠3ヶ月でその時期はより確実に葉酸を摂取する為に400μgを食事以外のサプリで取ることを推奨しています。

葉酸はサプリメントで摂取するように推奨している訳

勿論、妊活中や妊娠中に必要な栄養素は葉酸だけではないので、食生活を改善し栄養バランスがいい食事をして健康的な体になる事を心がける必要があります。不妊治療を行なっている人も病院での不妊治療と合わせて食生活を見直し体質を改善するように勧められます。それくらい栄養というのは妊娠に密接に関わっていますし、精子や卵子の質を高める為にも栄養をしっかり摂取して血行促進、アンチエイジングに努めることが重要です。

また言うまでもありませんが妊娠中は禁煙、禁酒は大前提であると言えますし、妊婦だけではなくそのパートナーも必ず喫煙をするようにして下さい。さらに厚生労働省は食品ではなくサプリメントといった栄養補助食品により葉酸を摂取するように勧めていて、その訳は葉酸は体に吸収されにくい点、熱や水に弱く調理の過程で栄養素が破壊されてしまう点を挙げることが出来ます。

葉酸が沢山含まれているほうれん草やブロッコリーといった野菜を1日350g摂取しても調理した段階で葉酸の多くが失われてしまっているので摂取目安をクリアすることは出来ません。それに消化といった代謝過程において体内に吸収される量が減ってしまい必要な量を満たす為には相当な量の野菜を毎日食べなくてはいけません。食品から葉酸を摂取した場合は体内で実際に活用できる葉酸の量は5割くらいと言われています。

葉酸サプリメントを摂取する際の注意点

ea56f8b48b8e7cdd0f160e2df61e3a5a_s

過剰摂取した場合の副作用

葉酸はサプリメントで摂取する場合は過剰摂取の目安の量は1000μg以上と設定されています。過剰に摂取した時にはどのような副作用が出るのかと言えば食欲がなくなる、吐き気、睡眠障害、むくみ、紅斑、痒み、呼吸障害、亜鉛の吸収率低下を挙げることが出来ます。

場合によっては母親ではなく胎児の喘息リスクが上がる場合があります。どのようなケースにリスクが高まるのか説明すると妊娠後期、大体30週目から34週目くらいに葉酸をサプリメントで1日1000μg以上の量を摂取した場合に胎児の小児喘息のリスクが25%上がるといったデーターがあります。

葉酸の吸収を阻害する食品

食品に食べ合わせが悪いモノがあるように葉酸と相性の悪い食品というのがあり、その食品を食べた後に葉酸サプリを摂取すると葉酸の吸収が阻害されてしまいます。現在分かっている相性が悪い食品はキャベツ、インゲン豆、レンズ豆、オレンジである程度時間を空けてから葉酸サプリを摂取しないと、葉酸が吸収されないで効果が期待出来ません。

安全性の確認

サプリメントの中には防腐剤といった食品添加物が含まれている商品も存在します。葉酸サプリは妊娠中、妊活中に摂取するモノなので安全性には特に注意を払う必要があると言えます。きちんと配合成分を確認し体にとって有害な成分はないか、また国産の商品かどうか、工場での衛生管理が徹底しているかどうかなど事前にネットや口コミを確認した上で選ぶようにして下さい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする