生理不順は妊娠しにくい?マカの妊活サプリが効果的な理由とは

生理不順はなぜ改善すべきなのか

e5db989a41738c3e21ca7461eed8aaa1_s

基本的に健康に何の問題もなければ、生理は定期的に訪れます。しかしながら、職場でストレスを感じ過ぎている場合や、不摂生な生活をしていると生理が不定期になる場合が少なくありません。また生理が定期的にきていたとしても、その周期が極端に長い場合があります。その逆に生理の周期が極端に短く、それにより悩む人もいるのです。

これらの症状は全て生理不順に含まれますが、この症状を放置しておくと妊娠しにくくなる恐れがあります。何故なら、生理不順が長く続くと、卵巣機能が低下する可能性があるからです。卵巣は妊娠の際に要となる身体機能の一部です。この機能が低下してしまうと、どれだけ夫の精子が元気であったとしても、不妊症になるリスクがあるのです。また排卵日が分からなければ、夫婦関係を持つ日を狙い撃ちすることができないですよね。

排卵日は基本的に妊娠する確率が高いとされていますが、そこを狙えなくなることは、妊娠するチャンスを失っているのと同じことです。しかし逆に生理不順を解消すれば、このように排卵日を狙って夫婦関係を持つ、というような対策ができるようになるのです。

それに妊娠を考えていなかったとしても、生理不順が続けば若年性更年期障害になるリスクもあるのです。したがって健康的な日々を過ごす為にも、できるだけ生理不順は解消する方向で考えるべきなのです。

健康的な生理のリズムを認識しよう

693508274a78094d448b31cb456885bd_s

病院で体外受精などの不妊治療に取り組み、精子や卵子を健康にする為に食生活を改善することは妊活の常識です。更に丁寧に取り組む人は妊活サプリメントも活用しています。しかしこのような妊活は、健康管理ができていることを前提として取り組む場合が少なくありません。だから生理不順がある場合は、まずそれを改善することから検討すべきなのです。

では健康的な生理は、どのようなサイクルで訪れるものなのでしょか。これは年齢により異なりますが、基本的に妊娠に適した年齢とされる10代後半から30代前半のサイクルに大きな違いはありません。おおよそ1カ月もしくは、その前後5日程度が正常なサイクルです。では月経の持続期間はどの程度であれば正常なのでしょうか。その期間は3~7日間です。

もし1週間異常月経が持続する場合は、身体に何らかの不調が起きている可能性があるので注意が必要です。正常な生理かどうかを判断する為には、月経時の血液量もしっかりとチェックしなければいけません。正常な月経の血液はおおよそ20gからその140g程度です。毎回その量を測ることは難しいかもしれませんが、普段よりも極端に多い場合や、極端に少ない場合は、健康状態を見つめ直すべきかもしれません。

このように健康的な生理のリズムが平均値としてありますが、全ての人が平均値に当てはまるわけではありません。例えば、不健康と呼ばれる程低い血圧であっても、幼い頃からずっと血圧が低く、年齢を重ねても血圧が低く、それでも健康な人がいるからです。

つまり平均値は参考にはなりますが、必ずしも自分のベストな数値が平均に収まるとは限らないということです。数字はあくまでも参考に自分の身体感覚を優先して、体調管理には取り組むことが大切です。

月経異常とはどのような症状なのか

359839307b6f4ced3a53cfa06eaea0e3_s

月経異常は月経の周期が安定しないことを指しますが、どの程度周期に乱れがあるのかによって症状の名称が変わります。例えば月経周期が24日以下で非常に短い場合は頻発月経と呼ばれています。文字通り月経が頻発している状態です。

その逆に月経の周期が長く、7週間程度の周期の場合は稀発月経と呼ばれます。稀にしか月経が起きない場合はこれに当てはまります。また毎回生理周期が安定せず、月経時期が予想できない場合は不正周期月経と呼ばれます。では次に月経周期の中でも特に体質改善を検討すべき症状を紹介します。

続発性無月経症について

通常は妊娠すれば生理が止まるわけですが、妊娠していないにも関わらず、妊娠した時のように生理が止まってしまうことがあります。それが三ヶ月以上継続した場合は、続発性無月経症となっている可能性があります。この症状は実は日常の何気ない生活習慣により引き起こされるものなのです。

例えばファッション雑誌では細身の美しいモデルが洋服を紹介しているわけですが、元々太りやすい体質の人がそういったファッションモデルに憧れて無理なダイエットをした場合、このような月経異常を招く可能性があります。ある時期を境にフランスでやせ過ぎたモデルはファッションショーに起用されなくなったわけですが、それは健康に配慮した為だとされています。

勿論続発性無月経症になる原因はダイエットに限りませんが、過度なダイエットは健康を損ねる可能性が高いので注意する必要しなければなりません。

原発性無月経について

通常、18歳までに女性は月経が始まります。人によって18歳よりも数年前に始まることがありますが、それは決して珍しいことではありません。しかしながら18歳を越えても初潮がない場合はこの原発性無月経の可能性があります。この症状の原因は無理なダイエットや過度なストレスなど、外部的な要因ではありません。染色体異常や内分泌器官の以上などが起きている可能性があります。

無排卵月経について

健康的な女性であれば生理は定期的に訪れて、そしてそこで排卵が行われます。しかし生理は定期的にあるけれど、排卵が起こらない、という場合があります。このような症状の場合、無排卵月経の可能性があります。このように月経の異常には様々な種類があります。この月経が不妊治療とどのように関係するのかは医師の判断に委ねられますが、妊娠しやすい身体をつくる為には生理周期を整えることが大切なのです。

マカを含む妊活サプリメントが効果的な3つの理由

6b66ec8686cd695ff2a07f29d8313227_s

マカは妊活サプリメントに含まれる栄養素としてかなり重要な成分の一つですが、生理不順の対策としても影響を与えられる可能性があります。なぜならマカは女性のホルモンバランスを整える影響が期待できるからです。ホルモンバランスがしっかりと整えば卵巣が健康的に機能して、子宮内膜をと整える可能性があるのです。

逆にホルモンバランスが崩れたままだと、どれだけ栄養を取り入れても卵巣機能が正常に働きにくい可能性がありますよね。このようにマカは生理不順を整えるサポートとなる可能性があるわけですが、妊活サプリメントとして人気がある理由はそれだけではありません。そこでここからは、マカが妊活サプリメントとして効果的な3つの理由を紹介します。

  • 純度が高いマカを飲み続けて生理痛が減ったことを実感している人が多い
  • 夫に飲ませて精力増強ができ夫婦生活が豊になる場合が多い
  • 仕事で疲れた際に飲めば疲労回復にも役立つ

このようにマカは女性の生理不順を健康にすることに役立つ可能性があるわけではなく、実は男性に対しても効果を発揮する可能性があるのです。不妊治療は卵子と精子の健康状態により決まります。卵子と精子がどんどん健康になれば、辛い不妊治療も軽くなる可能性がありますよね。食生活や妊活サプリメントで健康状態を整えることは簡単ではありませんが、半年~1年の長期スパンで考えればそれは難しいことではありません。

生理不順の改善も同じことです。即効性がある治療法も存在する可能性はありますが、根本的な体質や生活習慣は時間を掛けなければ変えることはできません。それは妊活サプリメントを飲むこと、一つとってもそうです。身体の変化を実感する為には妊活サプリメントも飲み続けることが大切なのです。生理不順を改善したいと考えている場合は、マカを含む妊活サプリメントの活用を検討してみてはいかがでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする