頑張るだけでは難しい?妊活で失敗しない為に持つべき心構えとは

不妊治療はクリニック選びが全て

93aef1e2f64c5e235b25ae76230a991d_s

妊活として不妊治療に取り組むことは珍しいことではなくなりましたが、不妊治療は軽い気持ちで始めるものではありません。実は不妊治療は不妊治療をはじめる前に結果が決まっていると言っても過言でもないのです。何故なら、クリニック選びを誤れば、自分には合っていない治療にお金と時間を浪費することになりかねないからです。不妊治療や妊活がブームとなったことで、日本国内には様々なクリニックが注目を浴びるようになりました。

中には西洋医学をベースにしたものだけではなく、自然志向、東洋医学をベースにしたところ、様々な治療方針を持つクリニックが存在します。医師の中には、患者にどの治療が合うのか、ということを考えずに自分が信じている治療法だけが全てだとして押し付けてくる場合もあります。

その押し付けられた不妊治療が夫婦に合うものであれば問題ありませんが、実は全く結果が出ないことを一生懸命取り組んでいる、という事態に陥ることもゼロではないのです。しかしながらクリニックを選ぶのは自分自身なので人のせいにはできないですよね。

だから不妊治療の為にクリニックを選ぶ際は細心の注意を払うべきなのです。少なくとも、職場が近いとか知り合いから紹介された、というような軽はずみな理由で選ぶべきではありません。不妊治療のクリニックを選ぶ際は、もっと入念な下調べをして判断すべきことなのです。

こんな理由で不妊治療クリニックを選ぶ人は失敗する

80cec81c1f990c7df8bb340853f3015b_s

ではここで実際に不妊治療に失敗したと感じている人が、最初にどのような動機でクリニックを選んでいたのかを紹介します。これから不妊治療のクリニックを選ぶ際は反面教師として参考にしてみて下さい。

治療費が他と比較するか割安だった

不妊治療はお金で選ぶべきではありません。それはどれだけ経済的に余裕が無くてもです。何故なら、安いという動機でクリニックを選んだとしても、結局その治療が上手くいかなければ長期に渡ってそのクリニックにお金を払い続けることになるからです。そうなると結局は安くもなく、結果が出なければ意味もなかった、ということになりかねないのです。だから少なくも金額で不妊治療クリニックは選ぶべきではありません。

ドクターの雰囲気が良かったので決めた

不妊治療においてドクターとの相性は勿論大切です。しかしそれをクリニック選びの決め手とすべきではないのです。もっと重要なのは妊活において卵子と精子に対してどのような認識を持っているのか、という考え方や治療方針です。人柄と相性はクリニック選びとして参考にすべきものですが、それだけを理由に決断すべきではないのです。

信頼している知人が薦めてきたので依頼した

信頼している知人が推薦してきたクリニックであれば、確かに断りにくいかもしれません。推薦を断ることで人間関係が壊れるかもしれない、という恐怖が沸き上がるかもしれません。それでも知人の推薦だから、ということをクリニック選びの決め手にすべきではありません。それよりも患者目線で考えられる医師なのか、ということや治療方針について深く確認することが大切なのです。

出版されている本に名前が載っていたので信頼できると判断した

有名な医師が、イコール優秀な医師だとは限りません。知名度とその医師の実力は必ずしも比例するものではないのです。したがって知名度だけでクリニック選びをするべきではありません。少なくとも他のクリニックとの比較検討はすべきなのです。

検査で卵胞の老化が分かった場合の対処法

29d3216d805989a7c42065caa31aeee6_s

不妊治療は卵子と精子の状態を把握して、そこから治療をはじめるのが基本です。しかしながら検査したところと本格的な治療をはじめるクリニックは必ずしも同じである必要はありません。不妊治療に取り組むことを夫婦で決めることができたなら、クリニック選びも同時にはじめましょう。医者の中でも時間をかけずに早期に妊娠を目指すことを方針としている所もあれば、じっくりと時間をかけて身体づくりをするべき、と考える医者もいます。

勿論どのような治療方針が良いか、ということは客観的には判断できませんが、クリニックを選ぶ際は、少なくともどのような治療方針があるのかを知ることが大切です。卵胞の老化が検査で判れば焦る気持ちも沸いてくるかもしれません。しかし想定よりも良くない検査結果が出た時程、冷静になることを心がけましょう。クリニック選びは焦りや不安な感情をベースから選ぶべきではないのです。

妊活で失敗しない為に必要な3つの心構え

9ac8159c1c3ddae941c63fea2b940d25_s

ここまでお伝えしたように妊活は、不妊治療のクリニック選びが要となります。だからクリニック選びにはしっかりと時間をかけるべきなのですが、妊活として取り組むべきことはクリニック選びだけではありません。精子や卵子の健康を保つ為に食生活を改善すること、妊活サプリメントを日常的に取り入れることなど、考えなければならないことが沢山あります。

しかしどのような効果的な方法も、考え方の土台がしっかりとしていなければ全てが無駄になってしまいかねません。例えば、これ以上ない、と心底思える不妊治療と出会えたとしても結果が出る前に辞めてしまっては意味がないですよね。だから妊活は始める前に、失敗しない為の心構えを持つことが大切なのです。そこでここからは、その大切な心構えを紹介します。

妊活は経済的に無理がない範囲で取り組もう

妊活は思ったようには進まないのが現実です。勿論最初は半年以内、もしくは1年以内と目標を立てて取り組み始めるのですが、そう簡単には上手くいきません。ほとんどの人が最初は挫折を経験します。そして当初想定したよりも時間がかかったという人は珍しくないのです。だから妊活を始める際に考えることは経済的に無理がない範囲で取り組むことです。

家族の合計年収が500万円の家庭と、家族の合計年収が1000万円の家庭では、当然できることが変わってきますよね。このように現実的に妊活に避ける費用はどの程度あるのかを考えて、計画的に取り組みましょう。貯金を切り崩すような妊活であれば、先細りになるのは目に見えていますよね。だから今ある収入と支出のバランスを考えて、妊活が数年に及んでも問題ない範囲で始めることを心がけるべきなのです。

子供ができなくても受け入れる心を持とう

妊活をはじめて、5?6年が経過しても子供ができない、という状況は珍しいことではありません。そうなると夫婦が共に辛い気持ちになるかもしれません。だから妊活は最初に次のような心構えを持つことが大切なのです。それは子供ができなかったとしてもその現実を受け入れることです。

妊活をはじめる際に、パートナーに、「これから妊活始めるけど、子供ができなかったとしても二人で仲良く暮らそうね。」この一言が伝えられたら、どんな辛いことも乗り越えられます。最悪子供を諦めることになっても逆に夫婦の絆が深まるかもしれません。

妊活サプリメントの効果を軽く考えないこと

妊活は不妊治療や食生活の改善に意識が集中しがちですが、妊活サプリメントもできるだけ積極的に取り入れましょう。何故なら、天然成分で本当に上質なものを継続的に使えば、身体が明らかに変化することを実感する人が少なくないからです。しかし妊活サプリメントを軽く考えている人はそこそこの値段で、天然成分なのかどうかもあまり確認せずにサプリメントを選んでしまいがちなのです。

妊活サプリメントはすぐに効果が実感できるものではありません。だから気を抜いてしまいがちなのですが、このような変化を感じにくいこともしっかり取り組むことが大切です。細部にも拘りを持ち妊活することで、妊娠できる可能性は高められるのです。

妊活はクリニック選びやサプリメント選び、食生活を改めること等、選択と決断の連続です。だからこそ妊活中は、日々の何気ない判断や決断にも細心の注意を向けることが大切なのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする