男もしっかり把握しよう!夫婦で妊活サプリを選ぶ際の3つのコツ

妊活サプリメントの役割を正確に把握しよう

5075c7bd8d9ad65d9d444f58da400de9_s

妊活サプリメントを日常生活に取り入れる場合は、まず妊活サプリメントがどのようなものなのかを認識しなければなりません。なぜなら多くの夫婦が、妊活サプリメントについて誤った認識を持ってしまっているからです。妊活サプリメントは赤ちゃんを授かりたい、という目的意識で飲むものですが、それを飲むことで赤ちゃんが授かる、というものではありません。

赤ちゃんを授かる為の直接的な不妊治療はあくまでも体外受精等の医学的なアプローチです。妊活サプリメントを飲んだら、必ず赤ちゃんを授かる、という魔法のアイテムではないのです。では妊活サプリメントの正しい認識とは、どのようなものなのでしょうか。それは身体を整えるという為のもの、という認識が正しい認識です。

妊活サプリメントは妊娠しやすい身体の状態をつくる為に栄養の摂取をサポートするものなのです。これはつまり、妊活サプリメントは不妊治療においても補助的な役割だということなのです。

だから真剣に妊活する場合は、妊活サプリメントの導入だけで済ませてはいけません。正しい妊活をはじめたいのであれば、生活習慣の改善や精子、卵子に関する不妊治療、ストレス環境の改善、住環境の改善など、さまざまなことを考える必要があるのです。

精子と卵子の健康状態を改善させよう

d64ec3e86139b55d0244dc02fe5d1598_s

不妊の原因は夫婦により異なりますが、夫婦のどちらかの精子か卵子に何か異常がある場合が少なくありません。特に男性には、精子の数が極端に少なくなっている場合や、奇形の精子がいる場合は少なくありません。奇形の精子とは、頭が二つある精子や、しっぽ部分が二つに分かれている精子等です。

このような精子は運動能力も低い場合が多く、卵子と着床する可能性は低いのですが、もしこのような奇形精子が卵子に着床すればどうなるでしょうか。赤ちゃんも奇形になる可能性がありますよね。日本に近いアジアの国々でも大気汚染が進んでいる地域になれば、奇形児の出産は珍しいものではありません。頸から上が存在しない赤ちゃんや、心臓が背中から飛び出している赤ちゃんが大量に生まれてきているのです。

日本国内でもその事例は海外に比べれば少ないですが、奇形児に命が宿るケースは珍しくありません。最近は妊娠後の検査で奇形あることが出産前にわかり、恣意的に出産を見送る夫婦も少なくありませんが、妊活はそういった奇形児や障害を持たずに健康的な赤ちゃんを授かる為に必要なことでもあるのです。

赤ちゃんが障害を持つ理由は出産児の事故等があるので、どうしようもない部分もありますが、精子や卵子の健康状態は妊娠前の夫婦それぞれに責任がありますよね。だから赤ちゃんをつくることを決めたのであれば、最低でも三カ月前から、体質を改善する取り組みを夫婦同時にはじめる必要があるのです。

その為に必要なのが栄養を取り入れる為の妊活サプリメントですが、体質改善を考える場合は、栄養を取り入れることとは違う視点も必要です。それはデトックスするという考え方です。実はデトックスはあまり注目されていませんが、妊娠するまでにかなり重要なのです。では一体デトックスにはどのようなものがあるのでしょうか。最も簡単で誰にもでできるデトックスは排便、そして宿便を出すことです。

排便は表現を変えれば体内の毒素の排出です。だから便秘気味の場合はその体質を変えることを考えなければなりません。それは簡単なものだと、ヨーグルトなど、排便を促す食品を食べることから始めることができます。腸の運動を活発にする為のヨガ、体操、ストレッチ等も効果的でしょう。

最初は少し抵抗があるかもしれませんが、コーヒーエネマ等の腸内洗浄もデトックスには効果的です。今まで全くデトックスについて考えたことがなかった、という場合はまず排便を改善することにフォーカスするべきなのです。

誰にでもできる妊娠前のデトックス方法とは

500873aa5f20498f5b2f13a3b96a7f10_s

デトックスの時に考えるべきことは排便だけではありません。実は毎日発汗することもデトックスの一つなのです。人間は体温の調節として汗をかきますが、冷房や暖房などでずっと快適な温度の中で過ごしていると汗をかくことが無くなりますよね。だから恣意的に毎日汗がかえる環境をつくることが大切なのです。ではどうすれば、毎日汗を流せるようになるのでしょうか。その方法はそこまで難しいことではありません。

筋力トレーニング、もしくはランニングをはじめましょう。筋力トレーニングはしっかりと身体に負荷をかけることができれば、10分程度でもしっかりと汗をかくことができます。毎日10分程度の時間を捻出することは難しいことではないですよね。もちろんスポーツジムに通うことを考えれば、その費用や通う時間を確保しなければなりませんが、汗をかくことを目的にしたトレーニングなら自重トレーニングで十分です。

自分の体重を利用したスクワットや腕立て伏せ、腹筋背筋など、簡単なトレーニングメニューをつくり毎日取り組みましょう。筋トレをすれば、汗をかくデトックスだけでなく、筋肉量が増えて血液の循環も活発になります。すると免疫力も高まるので、病気にもかかりにくくなります。つまり強い肉体をつくることは間接的に妊活にもつながっているのです。だけど筋力トレーニングそのものが、苦手だという場合がありますよね。

そのような場合は有酸素運動を検討してみてはいかがでしょうか。例えば会社に出社するまで、早朝に30分ランニングするだけでも十分汗をかくことは可能です。朝が弱い場合は、仕事が終わった後毎日走っている、という人も少なくありません。仕事がどうしても忙しくて毎日は走れない、という場合はせめて週末だけでも走りましょう。そうすることで、しっかりと汗をかく習慣は取り入れることができるのです。

発汗だけを目的にするのであれば、何もその手段は運動である必要はありません。例えばお風呂は毎日入りますよね。お風呂の温度を40度程度の少し高めに設定すれば、少しの間つかっていれば汗をかいてきますよよね。銭湯や温泉でサウナに入ることも効果的です。こうでなければならない、というルールは存在しないので、自分なりのデトックス方法を考えてみてはいかがでしょうか。

夫婦で妊活サプリメントを選ぶ際の3つのコツ

8767a3d2146117864c9bc8407e33c8e7_s

ここまでデトックスや妊活サプリメントの必要性についてお伝えしましたが、大切なことは俯瞰的な視点を持つことです。不妊治療、デトックス、食生活の改善、これらのことはただやみくもに取り組めばいいわけではありません。自分達夫婦の健康状態、精子の状態、卵子の状態、それらを検査により客観的に認識して、自分達に合った改善に取り組むことが大切なのです。

受験勉強でもまずは自分の得意科目と苦手科目を認識して、そこから合格点を獲得する為にどの科目をどの程度勉強すべきなのか、考えますよね。それと同じように妊活は自分自身の状況を認識して、そこから改善に取り組んでいく視点が必要なのです。ではここで、夫婦で妊活サプリメントを選ぶ際の3つのコツを紹介します。

  • 妊活サプリメントは夫婦で一緒に飲むことを前提とすること
  • 精子を健康的にしたい場合はマカを取り入れること
  • 加齢が気になる場合は抗酸化作用があるサプリを取り入れること

このように、妊活サプリメントは夫婦が一緒に使うことを前提とすること、そして抗酸化作用や精子の健康など、目的意識を持って選ぶことが大切です。食生活の改善も同じです。目的意識を持って取り組みましょう。そうすることで辛い妊活も二人で協力する意識が芽生え、夫婦のコミュニケーションを楽しみながら取り組めるようになるのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする