妊活には欠かせない栄養素!妊活サプリの選び方

先天性異常のリスクを下げる葉酸

8d91e8df6f046fe5c757ea14d352cba6_s

妊活のためにサプリメントで栄養を補おうとしている人は、葉酸が配合されているサプリメントを飲むと良いです。葉酸は厚生労働省も摂取を薦めるほど、妊活には大切な栄養素となります。というのも、葉酸を摂取すると、胎児に先天性異常が発生するリスクが大幅に下がるのです。

葉酸はブロッコリーやホウレンソウに多く含まれていますが、必要量を食べ物だけで補うのはなかなか辛いものがあります。妊活中に摂取したい栄養素は葉酸だけではないので、現実的に食べ物だけでそれを補うのは難しいのです。そのため、サプリメントで足りない分の葉酸を補うというのがベストな方法です。実際に、不妊治療中の人や妊活中の人の多くが、葉酸サプリを利用しています。

葉酸は妊娠前から必要になる

葉酸が大切な栄養素であることを知っている人は多いですが、妊活では必要ないだろう、と考えている人が多いです。というのも、葉酸が必要なのは妊娠してから、というイメージが強過ぎるが故に、そのような勘違いをする人が多くいます。葉酸は確かに妊娠中にも重要となってくる栄養素です。

しかし、妊娠前にも摂取しておくべき栄養素でもあります。妊娠前から赤ちゃんが生まれて授乳をしている間は、できるだけ適切量の葉酸をサプリメントなどで摂取するようにしましょう。そうすることで、大事な赤ちゃんにかかるリスクを下げることができます。

天然葉酸ではなく合成葉酸を摂取するべき

葉酸には大きく分けて2種類の葉酸が存在します。天然葉酸と合成葉酸です。天然葉酸は食品から抽出した葉酸で、合成葉酸は人工的に作り出した葉酸です。一見、天然葉酸のほうが健康的で、優れているかのような印象を受けますが、厚生労働省が摂取を薦めているのは合成葉酸となります。これは天然葉酸のほうは、先天性異常のリスクを下げるという科学的根拠がまだないからです。

また、体内に吸収される量が安定していないという理由もあります。もちろん、天然葉酸を摂取してはいけないということではありませんが、より体内に吸収されるのは合成葉酸ですし、厚生労働省は目安とする摂取量は、合成葉酸であることが大前提となっています。そのため、量を計りやすいという点でも、摂取は合成葉酸をオススメします。

ホルモンバランスを整えてくれるマカ

45434b7485608cf01ac1c085d49c8305_s

マカというと、スーパーフードとして認識している人も多いかもしれませんが、マカは妊活中の女性にオススメの食材です。マカとはペルーに存在する植物のことなのですが、日本でこれを食べるのは難しいです。そのためサプリメントでの摂取が唯一の手段となります。

マカには様々な成分が含まれているのですが、妊活中の女性にとって一番嬉しい効果はホルモンバランスを整えてくれる効果です。ホルモンバランスが整えば、質の良い卵子が体内で生成され、着床率が上がります。ホルモンバランスは少しのストレスや不眠などで簡単に崩れてしまいますので、マカの力を使って安定させることが大切になってくるのです。

男性にも必要なマカ

妊活というと女性だけが行うイメージがありますが、妊活を行うのであれば、男性も一緒に行わなければなりません。女性だけが頑張っても、結局は半分しか効果は上がらないということになりますし、むしろ男性のほうに問題があることも多いのです。

マカは男性に対しては、滋養強壮の効果も与えてくれます。男性は疲れると、夜の営みを放棄する人も多く、タイミング法などで妊活を行っている場合には、よきタイミングを逃してしまうことも多いです。しかしそのような時に、マカで滋養強壮の効果を与えると、狙ったタイミングで夜の営みを行いやすくなります。夫婦でマカを摂取するようにしましょう。

妊娠ビタミンと呼ばれるビタミンE

693508274a78094d448b31cb456885bd_s

ビタミンEは、妊活中の女性にこそ摂って欲しいビタミンです。というのも、ビタミンEは「妊娠ビタミン」と呼ばれるほど、妊活中の女性に対して大きな効果を与えてくれるビタミンだからです。ビタミンEの素晴らしい作用は様々ありますが、一番嬉しい効果は抗酸化作用です。人間の体の中には活性酸素と呼ばれるものが存在します。

これは細胞を傷つけてしまう物質で、精子や卵子を傷つけてしまうこともある、妊活の敵とも呼ばれる物質です。活性酸素はストレスなどによってその数をより増やすため、全ての人の体の中に必ず存在しますし、すぐに発生してしまいます。ぜひとも追い出したいものですが、これをやっつけてくれるのがビタミンEです。

ビタミンEの抗酸化作用によって、活性酸素は撃退され、質の良い精子や卵子が保たれることになります。そうなれば当然、着床率も上がりますので、妊娠しやすくなるのです。不妊治療を行う女性も、ビタミンEをサプリメントとなどで補い、摂取することを心がけているため、妊活中の人も意識して摂取するようにしましょう。

食生活を変えてビタミンEを摂取する

ビタミンEを摂取するのは、別にサプリメントからでなくても大丈夫です。アーモンドやアボガド、ウナギ、カボチャなどにビタミンEが多く含まれているため、そのようなものを多く食べるような食生活に変える、という妊活方法をとっても構いません。

しかし、好き嫌いもあるでしょうし、毎日このようなものを食べるのはきついと思うこともあるでしょう。食生活をあまり制限し過ぎると、それがストレスにもなってしまい、活性酸素を増やす原因になることもあります。そのため、サプリメントで足りない分を補うというのが、一番現実的なやり方となります。

血流を改善する効果もある

ビタミンEには抗酸化作用だけではなく、血流を改善してくれる作用も存在します。血流が悪いと、子宮の血流も悪くなってしまうため、栄養や酸素の運びも悪くなってしまい、卵子の質の大きな影響を与えてしまうこともあるのです。実際、不妊治療を行っている人が、血流改善をしたら自然妊娠したという話もあります。卵子に直接影響を与える部分ですので、ビタミンEでしっかりと改善しておきましょう。

ミトコンドリアを助けるコエンザイムQ10

44163d79edfdb6f148446cee5889b38e_s

ミトコンドリアを知っているでしょうか。ミトコンドリアとは全ての細胞の中に存在する物質で、その細胞が動くためのエネルギーを作っている物質なのです。このミトコンドリアは当然、精子や卵子の中にも存在します。つまり、ミトコンドリアの状態によって、精子や卵子の質や運動量が変わってくるということです。

そしてそれは、ミトコンドリアの状態は、妊娠する確率を大きく上下するということにもなります。どれだけミトコンドリアが大切なものか理解できたと思いますが、そのミトコンドリアの働きを助けてくれる物質、それこそがコエンザイムQ10です。そのため妊活中の女性、そして男性にも重要な成分となってきます。

吸収率は10%ほどしかない

コエンザイムQ10はレバーやイワシなどに多く含まれていますが、それを食べても吸収率は10%程度しかありません。ほとんど、そのまま体外に排出されてしまうのです。そのため、コエンザイムQ10を効率的に摂取する方法は、サプリメントがオススメです。

サプリメントであれば、体に吸収されやすいように様々な工夫がしてあるので、食事で摂るよりもはるかに効率的に摂取できます。また、コエンザイムQ10はビタミンCやビタミンEと一緒に摂取すると、さらに効果を上げます。そのため、サプリメントを購入するのであれば、それらも一緒に摂取できるものを選ぶようにすると、さらに効果的です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする