閉経まで妊娠できる?妊活で理解しておくべき妊娠の確率とは

妊活はできるだけ35歳までにはじめよう

50c5bbd2e24ae3de290881ba99891a52_s

不妊治療を20代のうちから考える夫婦は少ないかもしれません。しかし周りのみんなが30歳を越えてから妊活を始めているからといっても、それに合わせていると後悔する結果になりかねません。何故なら、妊娠する確率は35歳を過ぎると急激に低下してしまうからです。例えば周りの友人夫婦が、30代前半は全く焦る様子がなく、35歳を越えて焦って妊活を始めたとしましょう。

それを見て、自分達も同じように35歳から妊活をはじめよう、と考えるケースは少なくないのです。つまり多くの人が妊活を主体的にではなく、空気に流されて始めてしまっているのです。そのような妊活の始め方だと明確な目的意識や計画性を持つことは難しいですよね。だから妊活は周囲の人達の考え方に合わせるのではなく、自分達夫婦で話し合い、主体的に取り組むことが大切なのです。

そして子供が欲しいと考えたら、例えあなたが20代であったとしても妊活を検討しましょう。実は妊活は不妊治療だけを指す言葉ではないからです。健康的な赤ちゃんを授かる為に、夫婦で健康に配慮した食生活を過ごすこと、これも立派な妊活です。栄養をしっかり取り入れる為に妊活サプリメントを日常生活に取り入れること。これも日常からすれば小さな変化かもしれませんが、元気な赤ちゃんを授かる為には欠かせないことなのです。

いずれにせよ妊活は早く始めるに越したことはありません。30代前半であれば、10の努力で妊娠できたかもしれないものが、35歳を過ぎて始める妊活なら80の努力が必要になる可能性が高いからです。それくらい、年齢により妊娠できる確率は変化するものなのです。しかしこのことは、逆に考えれば卵子と精子があまり健康的ではなかったとしても、早くから妊活に取り組めば、若さにより妊娠できる可能性がある、ということなのです。

妊娠できる確率は年齢を重ねるほど低下する

8d91e8df6f046fe5c757ea14d352cba6_s

先ほどもお伝えしたように、妊娠できる確率は年齢を重ねる程低下します。しかし具体的にどのように低下するのか、それが分からなければイメージができないのですよね。そこでここからは、年齢別の妊娠できる確率を紹介します。

30歳までの妊娠できる確率

30歳前後の年齢であれば、妊娠できる確率は約25%程度です。つまり、卵子、精子共に健康な状態で4回性行為を行えば、それだけで子供を授かる可能性があるということです。この年代であれば自然妊娠の可能性も高いと言えるでしょう。

35歳で妊娠できる確率

35歳を越えると、妊娠できる確率は低下します。30歳前後と比べると7%程度低下して、約18%程度となります。20代より妊娠する確率は確実に低下していますが、まだまだ妊娠できる確率は高いと言えるでしょう。健康的な生活を送っている夫婦なら6回性行為を行えば、その中の1回で妊娠する可能性があるわけですから、計画的に妊娠できそうな確率ですよね。

40歳できる確率

一般的に35歳を越えれば妊娠する確率は下がると思われがちですが、その確率が急激に低下するのは40歳前後です。40歳になると妊娠できる確率は一気に5%まで低下します。これは20回性行為をしてやっと1回妊娠できるチャンスがある、という計算になります。

しかし実際には40歳を越えても健康的な精子と卵子の状態を保つのは簡単ではないので、妊娠確率はもっと低い可能性があります。年齢を重ねると健康管理という問題が重くのしかかってくるのです。

45歳で妊娠できる確率

45歳を過ぎると更に妊娠できる確率は低下します。実際のところ、45歳を越えて自然妊娠しない人がいないではありませんが、その確率は急激に低下します。45歳を越えると妊娠できる確率は1%まで低下するのです。しかもこれは健康的な食生活を送り、妊活サプリメント等で健康管理がしっかりとできている前提の数字です。つまりよほどの努力が無ければ妊娠する確率は1%にも満たない、ということなのです。

不妊治療をすればすぐに妊娠できるわけではない

919e50ef51bc2a7555802d6121fd8cdc_s

妊活で不妊治療をはじめればすぐに妊娠できると考える人もいますが、それは大きな誤解です。確かにすぐに妊娠する人がいないわけではありませんが、その可能性は低いと考えておいた方が現実的です。何故なら卵子や精子に何からの異常がある場合、それを健康的な状態に戻すのは簡単なことではないからです。

食生活の改善や妊活サプリメントの活用、その他ストレス要因の排除等、様々なことに長期的に取り組み、やっと変化は実感できるものなのです。つまり卵子や精子を検査して、何らかの不調があるとわかった場合は、長期的な妊活になる可能性も受け入れましょう。

マカや葉酸のサプリメントは妊活で必須の栄養素ですが、これを沢山含んだ妊活サプリメントを飲めば、薬のように明らかに体調が変わるわけではありません。こういった妊活サプリメントは3カ月程度継続して、そこから徐々に変化を感じはじめる、という場合がほとんどなのです。

どれだけ若作りをしても実年齢は変わらない

またアンチエイジングやエステの流行でまるで20代と感じるような美しい肌を持つ美魔女が増えたかもしれませんが、実年齢まで誤魔化すことはできません。40歳になっても20代のような感性でいることは素晴らしいかもしれませんが、確実に妊娠できる確率は下がっていることは自覚しなければなりません。その証拠に外見の美しさをキープする情報は沢山ありますが、卵子や精子を健康にする情報は限られていますよね。

不妊治療、そして運動等の妊活は卵子を健康にする可能性はありますが、それよりも若さの方が妊娠には重要な要素なのです。だからどれだけ若い感覚で生きていたとしても、今回の人生で子供を授かりたいと考えているのであれば、早めに妊活は取り組むべきなのです。

妊娠できる確率を高める4つのポイント

3023a6ddb17c871280831af3bcd33e1f_s

45歳でかなり妊娠率が低下することから、閉経直前まで妊娠できる人はほとんどいないと考えられますよね。勿論、高齢出産をする女性は世界に眼を向けたら沢山いるので、不可能なことではありませんが、日本の常識に照らし合わせれば難しいというのが現実的な答えとなります。しかし経てしまった年齢を時計のように戻すことはできないですよね。ではここで、妊娠できる確率を高めるポイントを紹介します。

妊活は夫婦で協力して取り組むこと

妊活は女性だけが頑張る夫婦も少なくありませんが、それは極力してはいけません。何故なら不妊の原因が男性にある可能性があるからです。妊活は夫婦で協力して取り組みましょう。

食生活の改善は習慣化させることを最優先に

食生活の改善による体質の変化は簡単に実感できるものではありません。そして食生活は一度変えてもすぐに元に戻るリスクがあります。だから食生活を変える際は習慣化させることを前提とすべきなのです。

妊活は経済面も含めて計画的に取り組むこと

妊活は経済的な理由で断念する夫婦も少なくありません。だから妊活は始める時に、無理のない範囲で取り組む計画を立てましょう。そうすれば結果的にストレスが少なく妊活できるのです。

妊活サプリメントの導入はなるべく早く始めること

妊活サプリメントは食生活と同様に、長期的に飲んで変化を実感できるものです。だからできるだけ妊活初期から飲み始めましょう。ここまで紹介したように、妊娠する確率を魔法のようい高める方法はありません。一つ一つは小さなことかもしれませんが、当たり前のことをコツコツと継続することで、徐々に妊娠する確率は高められるものなのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする