高齢化に伴い妊娠力は低下する?妊活サプリが効果的な理由とは

年齢と共に妊娠力は低下する

dd375236a11f597118efa0637bfa1423_s

女性の社会進出や結婚の晩婚化、医療技術の向上により、高齢出産と呼ばれる35歳以上の妊娠や出産も珍しくなくなりました。 しかし、一般的には、女性が年齢を重ねるほど、妊娠がしにくくなるといわれています。 女性の卵子は、産まれたときには卵巣内にすべての卵子の元が存在しており、男性の精子のように、毎日新たに作られるということがありません。

卵子は産まれたときには卵巣内に約200万個も存在していますが、思春期の頃には約180万個が自然消滅し、年齢と共に減少し続けます。 更に、卵子の減少に加えて、老化によって卵子の質も低下してしまいますので、年を重ねるごとに妊娠力は低下するのです。 ただ高齢だからといって妊娠ができないわけではありません。高齢でも自然妊娠をし、元気な赤ちゃんを出産することはもちろん可能です。

しかし、20代、30代、40代、50代と年齢を重ねるごとに確実に自然妊娠する確率は下がっていきます。 その理由として、上記の卵子の減少、老化による質の低下に加え、子宮筋腫といった生活習慣病や生理不順、月経困難、更年期障害といった婦人病のリスクの急増や性生活の減少があげられます。 そのような状況の中、不妊治療を始める年齢も年々高くなっている傾向があります。

現在、不妊治療で最も有効的な治療とされている高度生殖補助医療(ART)でも、高齢女性が1回の治療で妊娠できる確率は少なく、治療が長期間に及ぶこともあります。 そうなると、高額な医療費がかさみ、最終的に結果を残せないまま終わる場合も少なくありません。 卵子と精子を操作して行う体外受精などの高度生殖補助医療等の不妊治療も多くの人が選択します。しかし卵子の質が極端に低下していると、そういった治療でも結果が出にくいのが現状なのです。

妊活で妊娠しやすい身体を作るために必要なこと

d09745895beeca59872350efc058a7c8_s

不妊治療の技術が向上し、高齢出産が増加しても、晩婚化や少子化問題は減少しないことから、提案されたのが妊活です。年齢と共に卵子は老化し、減少します。しかしそういったことをきちん認識している人は少ないのが現状です。子供を授かる為には、まず明確な意志が必要です。それがなければ妊活はうまくいきません。妊活には仕事も含めて人生全般を見直すことが必要なのです。

妊活を始めると、一般的には、体が冷えないように気を付け、食生活や不規則な生活を改め、適度な運動を始めることが大切です。またストレスをためないように心がけなければいけません。お母さんになるための身体作りには、この全てに取り組む必要があるのです。その中でも、食生活を見直し、妊娠に必要な栄養素を摂取することが特に重要です。

妊娠にともない、必要な栄養素の摂取量は、通常より増加します。その為、妊活では普段の食生活を改善し、バランスの良い食事を心がける必要があります。妊娠しやすい健康体をつくる為に必要な栄養素としては、葉酸、ビタミンBとE、鉄分、亜鉛、カルシウム、ミネラルといった成分が良いとされています。 こういった成分は、女性ホルモンバランスを整え、生理の周期、排卵機能を整える、卵子の質をあげて、妊娠しやすい身体をつくります。

普段の食生活で、これらの栄養素をバランスよく摂取する為に、補助食品として、サプリメントを利用する女性が増えています。最近では、クリニックでサプリメントが処方されたることも珍しくありません。またクリニック独自で妊活専用のサプリメントが開発され、不妊治療と併用されています。妊活サプリとして有名なサプリメントは、葉酸、マカ、ザクロ、ルイボス、ヘム鉄があります。

これらのサプリメントは、効果が表れるまで3か月から6か月は飲み続けることが望ましいといわれています。その為、サプリメントを選ぶ際は、含有されている成分はもちろんですが、安価なものは避けながらも継続して飲める価格のものを選ぶことが必要です。 年齢や体力面で妊娠力が落ちている、不妊治療の効果がなかなか上がらないといった場合は、妊活にサプリメントを検討してみてはいかがでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする