コレだけは知っておきたい基礎知識!卵子と精子の質を上げる方法

卵子の質を上げる方法

f2c743fb5795fecca7a7ebe0676178d2_s

抗酸化物質の摂取で卵子を活性酸素から守る

妊活する際に注目して欲しいのが体内の活性酸素です。人間の体はストレスを感じると大量の活性酸素が発生し、活性酸素により体内の様々な細胞は酸化しサビついてしまいます。だから活性酸素が大量発生すると卵子はダメージを受けて卵子の質が低下してしまいます。

生活習慣、過度なストレスで卵子の質が低下している人は少なくありません。不妊治療を行なっている人の中にも卵子の質が低下している人は多いと言えます。活性酸素を除去することが出来れば卵子を守り卵子の質をアップすることが可能です。そして活性酸素を除去する働きがある物質を抗酸化物質と呼びます。代表的な抗酸化物質がビタミンE、ビタミンC、ルイボス、ザクロなどで食生活を改善し野菜や果物の摂取を心がけるかもしくはサプリメントで摂取するようにして下さい。

血行を良くして卵巣環境を整える

妊娠する為にはいい状態の卵子が排卵されることが重要です。そしていい状態の卵子が排卵されるには、卵巣で卵胞がきちんと育つ必要があると言えます。卵胞をきちんと育てるのに必要なのは卵巣に酸素と栄養素がしっかりと運搬されることです。

ですが血行不良になると卵巣にきちんと酸素や栄養素が運搬されず卵胞が育たなくなります。なので血行を良くし卵巣と卵子に十分に酸素と栄養分を送ることが妊活の為には必要不可欠と言えます。血行を良くすることで卵子の質を高めることが出来ます。その為に有効なのが生姜で血管拡張作用により血流を改善することが出来ます。他にもローヤルゼリーは冷え性改善に効果があることが知られていて血行を良くする為に摂取されます。

ホルモンバランスを調整する

ホルモンバランスが整うことで月経周期が安定し卵子の質も良くなります。そんなホルモンバランスに影響を与えるのが自律神経で、ストレスを感じると自律神経のバランスが乱れてホルモンバランスにも影響が出てきます。ホルモンバランスと月経周期を整えることが出来れば卵子が発育し排卵が良くなるので卵子の質はアップします。

ホルモンバランスの調整に効果的な食品がザクロで、ポリフェノールを多く含み強い抗酸化作用があるので血行が良くなりホルモンバランスを調整することが出来ます。さらに妊活サプリメントとしても使用されるマカにはホルモンバランスの調整とその他にもビタミン、ミネラルがバランスよく含まれていて体質改善に効果的です。なので不妊治療で病院に行く前に一度マカを試してみるといいと言えます。

精子の質を上げる方法

02a8282c1f76fd8a47dac7b8b9bf90f0_s

精子の染色体異常を改善する

ストレスを感じて活性酸素が発生した際に活性酸素により精子のDNAはダメージを受けます。精子のDNAが傷つくことで精子の染色体異常が増加し受精する確率は低下してしまうのです。だから活性酸素を除去することが出来れば精子の質の低下を防ぐことが出来ます。

食生活を改善し抗酸化作用のある食品の摂取を心がけるか、サプリメントを摂取することをお勧めします。また精子の染色体異常に関しては葉酸も有効と言えます。他にも強い抗酸化作用のある成分にはビタミンC、ビタミンE、ポリフェノールなどが挙げられます。それらの成分を摂取することで男性の体内より活性酸素を除去して体の酸化を予防することが出来ます。

精子の材料を知っておくことも大切

精子の材料であり、精子を作る働きをサポートする作用があるのが亜鉛です。夫婦で妊活をする際には男性には是非摂取して欲しい栄養素で牡蠣などに多く含まれています。精子の材料となる栄養素やそれを含む食品を知っておくことも妊活においては大切と言うことが出来ます。亜鉛はセックスミネラルと呼ばれるくらい生殖能力に関与している成分と言えるので男性向けのサプリメントの成分として欠かすことが出来ない栄養素の1つです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする