卵子の老化防止!ミトコンドリア活性化と妊娠の関係とは?

健康的な卵子の為にはミトコンドリアの活性化が必要

9157f4aa75d683a3f7db3b18c73b4dda_s

これは一般的にも良く知られていることかもしれませんが、妊娠、出産は年齢が若ければ若いほど有利だと言われています。実際にある病院で二組の夫婦の出産が重なり、同時に出産の陣痛が始まりました。一人の女性は20歳、もう一人の女性が35歳だったのですがどちらの方がスムーズに出産できたと思いますか。結果は20歳の女性の方がスムーズに早く出産を終えました。これは何も特別な事例ではありません。

実際に年齢は30代よりも20代の方が出産には有利なのです。それには卵子の老化が関係しています。人体の関節や内臓機能は加齢と共に徐々に衰えていきますが、それと同じように女性の卵子も老化していくものなのです。人体は老化していけば柔軟性を失い、様々なケガや病気のリスクが高まりますよね。卵子も老化してくると胎児にとってネガティブな影響を及ぼす可能性が高まるのです。

卵子の老化は、胎児の染色体異常が起きるリスクに直結しているのです。しかしながら過ぎ去った時間を過去に戻すことはできません。どれだけアンチエイジングしたとしても年齢そのものを若返らせることはできないですよね。だから妊活する際は卵子の老化を少しでも抑えることを考えるべきなのです。では一体どうすれば卵子の老化は防げるのでしょうか。その秘密はミトコンドリアにあります。

ミトコンドリアが活発になれば卵子の老化は抑えることができるのです。10代や20代の妊活であればミトコンドリアまで考えを及ぼす必要はないかもしれません。しかしもしあなたが30歳を過ぎて妊活をはじめるのであれば、卵子の老化を抑える為にミトコンドリアを活性化させるような妊活サプリメントが重要になるのです。

妊娠の為には卵子と精子を健康的にしなければならない理由

95fcf58b21f4589660f7dfde500c8c8c_s

健康的な胎児を体内で受精する為には女性の健康的な卵子と男性の健康的な精子が必要です。特に男性は精子の数が重要となります。何故なら男性の精子は一度の射精で一億匹前後が卵子に向かって泳ぎはじめます。その中で最も優秀な精子が卵子と受精し着床するのです。しかしこの一度に射精される精子の数が極端に少なかったらどうなるでしょうか。

必然的に精子同士の競争が緩くなってしまうので、結果として優秀な遺伝子を残せない可能性があるのです。そしてそれは卵子も同じことです。健康的でない卵子と精子であれば着床できない可能性が高くなるだけでなく、せっかく着床したとしても、胎児が弱くなってしまう可能性があるのです。

この卵子や精子の状態は検査をすれば分かることですが、中々妊娠しないカップルは夫婦のどちらかの卵子か精子が衰えているか、異常がある場合が少なくありません。しかしネガティブな検査結果が出たからといって落ち込む必要はありません。検査によって妊娠できない理由が分かったのであれば、その理由を解消していけばいいのです。

ではここで話を卵子の老化対策として要となるミトコンドリアに戻しますが、このミトコンドリアは加齢により減少するとそれ以上増やすことはできないのでしょうか。実はミトコンドリアは一度減少すれば元に戻らないものではありません。生活環境をしっかりと整えて必要な栄養分を体に取り入れたらミトコンドリアは増やせる可能性があるのです。ではミトコンドリア活性化の為にどのような生活習慣を改めるべきなのでしょうか。

まずポイントとなるのは喫煙や食習慣です。妊活を始めたにも関わらず禁煙ができていない場合、まずはタバコを断つことからはじめましょう。そうしなければせっかくの妊活の効果が薄れてしまいかねません。また食生活は妊娠に必要な葉酸やビタミンB等を積極的に取り入れるべきですが、それ以前に取り入れてはいけないものを認識しなければなりません。

例えば遺伝子組み換え食品や添加物、化学調味料、こういったものはできるだけ取り入れないようにしましょう。特に遺伝子組み換え食品は一度体に取り入れると何世代にもわたり、人体に異常を起こす可能性が高い食べ物です。普段の買い物等でも食品の成分表示などをしっかり確認することを習慣化する必要があるでしょう。また睡眠や運動習慣も妊活用に改めなければなりません。

せっかく不妊治療をはじめても睡眠時間が最低でも6時間は確保できていなければ疲労が蓄積していってしまいます。人体の自然治癒力は何もしていない睡眠時間等に最も旺盛に働きます。自然治癒力を最大化させることは当然不妊治療にもプラスとなります。だから睡眠時間が少ない場合は、仮眠を取り入れるなど必要な睡眠時間を取り入れる工夫をすべきなのです。

不妊治療の効果を最大化させる為には、運動習慣も関係してきます。例えば生殖器を活性化させる運動はヨガやストレッチを学べば様々なものがあります。もちろん運動は一回やれば効果が出るようなものではありませんが、ヨガやストレッチは半年や一年、毎日習慣として継続することで効果が実感できてくるものです。

必ずしも運動がヨガやストレッチである必要はありませんが、運動習慣がない場合は体力や関節の老化を防ぐことができません。健康的な肉体で出産に挑む為にも運動は欠かせないものなのです。そして卵子、精子の健康の為には意識しなければならないことがもう一つあります。それは日々のストレスです。

適度なストレスはアドレナリンの分泌にもつながりポジティブに働くこともありますが、過度なストレスは母体、そして卵子や精子にネガティブに働く可能性が高いのです。だから日々の生活で職場環境を自分なりに改善するなど、できる限り日常生活からストレス要因を排除することが妊活には大切なのです。

年齢を重ねるごとに出産リスクは高くなる

77cc221578a1e0c1478ae0683a28d155_s

先ほどもお伝えしたように年齢は重ねるほど卵子の老化が起こり妊娠の可能性が低下します。またそれだけでなくせっかく妊娠できたとしても出産時に母体にかかるストレスも大きくなりがちなのです。だから30歳を越えてきたら、卵子や精子、そして身心の健康をより意識する必要があるのです。ではここで卵子や精子を活性化させる為の微小電子による治療を紹介しましょう。

卵子や精子を健康的な状態にする為には食生活等の様々な生活習慣を見直すことも大切ですが、直接的なアプローチも存在します。その一つが生殖細胞ミトコンドリア治療と呼ばれる治療です。これは卵子の中のミトコンドリアに直接的に微小電子を補給する治療です。これにより卵子を活性化できる可能性があるのです。またそれだけでなく、精子を卵子に着床させやすくする効果も期待できます。

着床する環境が改善されることは、妊娠する確率を高めます。だから不妊治療のアプローチとしては積極的に採用されている治療法の一つなのです。ミトコンドリアの活性化の為のアプローチは他にも存在しています。それは妊活サプリメントの活用です。妊活サプリメントも目的に応じて摂取することが大切なのです。

不妊治療の為に卵子にもアンチエイジングの概念を取り入れよう

574cb86cc2895f1ef05adba4b0fb64bc_s

このミトコンドリアから卵子を活性化させるアプローチは高齢妊娠、出産を予定している人にとっては、効果的な治療法の一つです。なぜなら妊娠の可能性を高めるには何度もお伝えしている通り、若々しく健康的な卵子が欠かせないからです。そして妊活はいきなり病院で治療を受けることには抵抗があるかもしれませんが、妊活サプリメントから取り組みはじめればそのハードルはあまり高くないですよね。

薬は副作用などのリスクがありますが、妊活サプリメントはあくまでも栄養の補助を目的としたものです。だからサプリメントの導入は限りなくリスクを抑えて取り組める妊活の一つなのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする