妊活で卵子を元気に!卵子の質を高める方法

ホルモンバランスを整える

07bfb06d377c575bc8b12bfd77a13794_s

卵子の質を高めれば着床率が上がるため、妊活中の女性は様々な方法を試みていることと思いますが、ホルモンバランスを整えるということを意識すると、卵子の質を高めることができます。女性の方には生理周期というものが存在しますが、これはホルモンバランスが崩れていると、乱れてしまうことになります。

本来、決まった周期で生理が訪れるはずなのに、その日が前後してしまうのです。この原因には様々なことが考えられますが、一番可能性の高い原因はホルモンバランスの乱れです。そしてこのようなことが起こると、卵子の質も悪くなってしまいますので、ホルモンバランスの乱れをなくし、生理周期を安定させるということが妊活においては大切なことになってくるのです。

質の良い睡眠をとること

人間の体は寝ている間に、筋肉の修復や記憶の定着など、様々な回復行動を行っています。そして睡眠時に様々なホルモンも分泌されているのですが、これが分泌されるのが、眠ってから三時間後です。そのため、寝ている時間が短かったり、質の悪い睡眠をとっていると、正しくホルモンが分泌されず、ホルモンバランスが崩れてしまいます。

睡眠時間に関しては、時間を作り、早く眠るということしか対策がありませんが、質の良い睡眠をとるためには様々な方法があります。お酒を飲みすぎないということや、眠る一時間前にはテレビやスマホを見ないようにするということ、コーヒーを飲みすぎないというようなことです。このようなことを守っておけば、質の良い睡眠がとれるようになりますので、妊活中の人や不妊治療中の人は注意しておきましょう。

生活リズムを整えること

ホルモンバランスは生活リズムが乱れていても、崩れてしまいます。昼夜逆転の生活をしていたり、夜更かしをしたり、ご飯を三食食べなかったり、栄養バランスが崩れていたり、という状態が、生活リズムが崩れるということです。そのため、毎日きっちり三食バランスの良い食事をし、同じ時間に寝て、同じ時間に起きる生活を続けましょう。そうすることでホルモンバランスは整います。

血行を良くする

99f909146e5f966ead98d6d01ad9879f_s

卵子や精子の質を高めるためには、血行を良くするということも大切です。血行が悪い状態だと、人の体は冷えてしまい様々な異常を引き起こしてしまいます。というのも、血液は体の中を巡り、様々な内臓や器官に栄養や空気を与える役割があるからです。

そして当然、生殖器や子宮も同じことが言えます。そのため、血行不良になると栄養や空気が足りなくなってしまい、質の良い卵子や精子を作り出すことができなくなってしまうのです。妊活中の女性は必ず改善しましょう。

適度な運動をすること

血行不良を防ぐためには、適度な運動をすると良いです。ただし、妊活中ということを考えると、激しい運動はNGとなります。激しい運動は体を疲れさせてしまい、逆に卵子や精子の質を悪くしてしまうことがあるからです。そのため、少し汗をかくような、軽い運動を行うようにしましょう。軽いジョギングやウォーキング、ストレッチなどがオススメです。

お風呂の温度に注意

体を温めるためには熱いお風呂に入ると良い、と勘違いしている人がいますが、人間のは42℃以上のお風呂に入ってしまうと、お風呂から上がった後、逆に体が冷えてしまうことになります。なぜなら、熱いお風呂は体の表面だけしか温かくならないからです。熱ければ熱いだけ、体の深部まで温まりそうなものですが、あまりにも熱すぎると、人の体は血行不良を起こしてしまいます。

血液の流れが遅くなるということは、体の表面部分で温まった血液が、体を巡らないということです。結局、どれだけ熱くしても、体の深部までは直接温めることはできないので、人間は血液を温め、それを巡らせるという間接的な方法でしか、体の深部を温める方法がありません。お風呂の温度を41℃以下にすれば、血行を良くする効果が得られるので、温度設定に注意しておきましょう。

サプリメントで必要な栄養素を摂取する

6b66ec8686cd695ff2a07f29d8313227_s

妊活を行う上では、食生活というものがかなり重要になってきます。妊活だけではなく、不妊治療でも食生活の改善は医師に指示されることですので、どれだけ重要な要素であるかということがわかるかと思います。とはいえ、妊活のために必要な栄養素を、全て食事で賄うのは難しい話です。基本的な栄養素に加え、重要な栄養分を重点的にとらなければならないので、とんでもない量を食べなければならなくなってしまいます。

そのため、基本的には足りない栄養素は、サプリメントで補うというのが一般的な方法です。赤ちゃんのことを考え、サプリメントに抵抗がある人も多いのですが、サプリメントの摂取は不妊治療の人も行っています。赤ちゃんのことを考えた上で作られた妊活サプリが多くあるので、そのような面でも安心なのです。

もちろんサプリメントはしっかりと選ばなければなりませんが、しっかりと作ってあるサプリメントであれば、積極的に摂取するようにしましょう。

ビタミンEは妊活最大の味方

妊活を行う上で、一番の味方になってくれる栄養素はビタミンEです。ビタミンEには、自律神経を安定させてくれる効果があります。これがホルモンバランスを安定させてくれるので、そのおかげで質の良い卵子を作ることができるようになるのです。また、ビタミンEには血液をサラサラにしてくれる効果もあります。そのため、血行不良も改善され、二つの角度から質の良い卵子を作るための効果を与えてくれるのです。

男性にこそ摂って欲しい亜鉛

亜鉛も妊活を行う人は摂っておきたい栄養素です。亜鉛の効果は、ホルモンバランスを整えてくれるという効果もあるのですが、男性機能をアップさせてくれる効果もあります。そのため、もちろん女性も摂取するべき栄養素ではあるのですが、男性は特に摂取するべき栄養素です。赤ちゃんに発生する遺伝子異常のリスクを下げてくれる効果もあるので、積極的に摂取しましょう。

ストレスを解消する

06e543d4e789da7f2e8d7265e3ebec2f_s

ストレスを受けると、人間の体の中には活性酸素というものが発生します。この活性酸素は、数が多過ぎると周りの細胞を傷つけてしまう、美容においても大敵な物質です。時には、精子や卵子を傷つけてしまうこともあるので、質の良い精子と卵子を保つためには、できるだけストレスをなくすということが大切になってきます。

大きな声を出せばストレスもなくなる

ストレスを受けないように生活をするのは難しいものですが、ストレスを解消する方法は様々あります。運動もその一つです。とはいえ、毎日のように運動をするのは、なかなか面倒なものです。そこで簡単な方法があります。それは大声を出すということです。

人は大声を出すだけで、口からストレスを吐き出すように、ストレス解消を行うことができます。カラオケなどでも良いですが、自宅で大声を出すだけでも充分な効果を得られます。近所迷惑にならないように注意しながら行いましょう。

夫婦で足並みを揃える

妊活には様々な制限があるため、妊活自体がストレスになってしまうことも多いです。特に多いのが、夫婦のどちらかだけしか妊活を行わない、というような状態です。このような状態だと、「自分はこんなに頑張っているのに」と不満を持ってしまい、それがストレスになってしまいます。そのため、妊活の際には必ず夫婦で一緒に行うようにしましょう。それが、精子や卵子の質を高めることにも繋がります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする