妊活サプリメントに配合されるルイボスってどんなもの?

妊活に役立つルイボスの効果

e0f22d6017429b54047c5e2bc85a0fa0_s

健康茶としても有名

妊活サプリメントの配合成分を見てみると「ルイボス」という成分が含まれていることが多いです。ルイボスは土壌に含まれたたくさんのミネラルを吸収して育った南アフリカ産のマメ科の植物の一種で、葉を乾燥して作った茶葉を煮出したルイボスティーを日常的に飲んでいる女性も少なくなくありません。ノンカフェインであることから美容効果が非常に高く健康維持を助ける健康茶としてとても人気がありますが、飲み続けることで妊娠に適した身体作りをすることができると言われており、特に不妊治療中のかたの間でも愛飲されています。

ルイボスで得られる効果・抗酸化作用

酸素を取り込んで活動する人間の体は常に酸化の危険に晒されています。活性酸素は加齢や心身のストレスから発生しやすいもので、少量であれば健康維持に役立つのですが、増えすぎてしまうと自身の身体を傷つけてしまいますので、抗酸化作用のある成分で量を調整していかなければなりません。この活性酸素は卵子と精子のDNAを傷つけ、染色体異常を引き起こします。染色体異常を持つ卵子と精子が増えてしまうと着床率も下がり、胎児の先天性障害のリスクも高まってしまうのです。

ルイボスは高い抗酸化作用を持つSOD酵素が含まれています。この抗酸化作用によって卵子や精子を老化から守り、質を向上させる働きがあるのです。また、活性酸素によって傷つけられてしまった血管壁は、血流を滞らせてしまいます。血行が悪くなってしまうと血液を通して卵巣や子宮に送られる栄養や酸素が足りなくなってしまいますので、妊活中のかたの身体に悪影響を与えてしまいます。ルイボスの抗酸化作用によって血流が改善されますので、子宮の状態がよくなり受精卵が正常に着床しやすくなります。

ルイボスに含まれる成分

豊富なミネラルが含まれていることで知られているルイボスですが、他にも

  • カルシウム
  • マンガン
  • 亜鉛
  • カリウム

など、妊活に役立つ成分がたくさん含有されています。ミネラルは血流改善は子宮の状態を向上しますし、カルシウムは胎児の骨の形成に役立ちます。精子を活性化させるマンガンと亜鉛は男性の精子の量を増やすセックスミネラルとしても知られているものですし、女性ホルモンのバランスをとるためにも役に立ちます。カリウムはむくみを改善するもので、卵子の成長を促す効果も期待できるものです。

また、わずかな量ですが血糖値を調整する作用のあるピニトールも含まれており、正常な排卵を促してくれます。こうした有効成分の多さから、不妊治療中のかたに広く愛飲されています。

その他にも注目すべきルイボスの効果

d89fe9bab88fab3fbabfabb8646d097e_s

健康維持に役立つ作用

  • 糖尿病の予防
  • 高血圧の予防
  • 整腸作用

特に35歳以上の高齢で妊娠を希望しているかたは、妊娠に関してさまざまなリスクを背負うことになりますから、ルイボスを摂取することで妊娠糖尿病や高血圧症候群など妊娠時の不調の予防や改善にも役立てるのは嬉しい点です。また、妊娠初期に陥りやすい便秘も解消する効果がありますから、サプリメントや食生活の中でルイボス、ルイボスティーを取り入れることで母体と授かった胎児の健康維持に役立てることができます。

摂取は手軽な方法で

ティータイムにルイボスを取り入れて食生活を豊かにするのはもちろん、妊活に必須となる不足してしまいがちな葉酸サプリメントにルイボスが配合されているもの、もしくは葉酸サプリメントと併用してルイボスサプリメントを摂取するのもおすすめです。サプリメントは2種類程度であれば成分の過剰摂取の可能性の危険性も少ないので安心ですが、念のため一日の上限摂取量を確認の上で飲み合わせるようにしましょう。取り入れやすい方法でルイボスを用い、妊活に役立ててください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする