妊活中なのにセックスレス!夫婦円満でいられる秘訣とは

妊活を始めたら夫婦間がギスギスに

288ba150cf91b23f1e91d9272526e95c_s

結婚して子どもがほしいと思ったら妊活をするのが普通です。主に夫婦で性交渉をおこなうことにより子どもができることが多いですが、すぐにできないこともあります。現代の日本は初婚年齢が上がっていていざ子どもを作ろうと思った時にはなかなかできない身体になっていることがあるのです。

1回の性交渉で妊娠する確率は25~30歳の女性で大体25~30パーセント程です。30歳を超えるとグンと妊娠できるパーセントが下がっていき35歳では18パーセントになります。40歳では5パーセント、45歳では1パーセントとなってしまいあす。この確率は女性の排卵日に性交渉をおこなったもので出しているので、性交渉をしてもそれが排卵日でなかったら意味がありません。

排卵日は1か月に1回ですからそう考えると妊娠できる回数は1年でわずか12回しかないということになりますね。昔はなかなか妊娠しないことを女性のせいとして言われてきました。でも最近は男性にも同じくらい原因があると言われています。不妊治療はどうしても女性に負担が多くあります。

ホルモンの薬を飲んだり、痛みを伴う検査をしたり、何度も通院したりと体力的にも精神的にもかなり大変なことです。お金もかかってしまうので1回1回を無駄にしないために取り組もうとします。

そうやって頑張った結果、妊娠せずに生理が来てしまうとショックな気持ちに包みこまれます。頑張ったり努力しても必ず結果が表れるとは限らないのが妊娠です。男性はそばで見守ったりしますがどうも女性の気持ちを分かってあげられないことが多くあります。やはりそれは自分が妊活に深くかかわっていないから必死で頑張る女性との温度差が出てしまうのです。下手に声をかけたら余計女性の怒りをかうことになるので注意してください。

そうなると夫婦の仲も悪くなってきます。排卵日が来ると性交渉をしますがそれはもう義務化したものになってしまいます。結婚前は妊娠のことなど考えずコミュニケーションの1つとして性交渉をしていたはずです。男性は特にそのあたりの感情がデリケートで、妊娠させないといけないというプレッシャーが重く心にのしかかります。

どうすれば夫婦円満に妊活できるのか

63b1d6a67a5bf44f43ab82d83923c7ec_s

お互いに目指すものが「妊娠、出産」と決まっているのでその目標に向かって2人で歩んでいくことが大切です。男性も女性と一緒に悩んだり喜んだり気持ちを共感しあいましょう。また不妊治療の病院を一緒に探したり、時間の余裕がある時は付き添ってあげるといいでしょう。女性に辛いことが多い不妊治療では、どうしてもどうして私ばっかりが…と思ってしまいがちです。

実際そうなので男性はその気持ちを受け止めて頑張ってくれている女性に感謝の言葉を伝えましょう。女性1人に任せるのではなく夫婦一緒に手を取り合って進んでいくことが大切です。そうなると女性はずいぶん精神的な苦痛が和らぎます。夫婦で支え合って頑張れるので絆も深くなることでしょう。性交渉も排卵日のみと言うことにならずに自然な形でできると思います。ストレスも減るので妊娠しやすい身体に近づいていきます。

夫婦で妊娠しやすい身体作りを始めよう

500873aa5f20498f5b2f13a3b96a7f10_s

妊活を始めたころ、年齢による老化がこんなに妊娠率を下げるものだとビックリしませんでしたか?確かに年齢を重ねていくにつれて妊娠率は下がっていきますが、それをゆっくりにする方法もあるんです。1番実践しやすく効果があるのが食事の改善です。

身体は食べたものでできています。妊娠してくて頑張っていても毎日コンビニ弁当や菓子パンを食べていたのではなかなか難しいと思います。

食生活を変えていくのはなかなか難しいことなのですが、卵子と精子の質を上げるためにも努力することが大切なのです。妊娠しやすい身体というのは健康な身体と言うことですから実践することに損はありません。健康になるとパワーがみなぎって仕事や毎日がもっと充実した素敵なものになると思いますよ。

妊娠力を上げる食事のレシピは本やネットで調べることができます。もちろん毎日食べることに越したことはありませんが、忙しい日や旅行で家を空ける日など無理な時もあります。そんな時ににおススメしたいのがサプリメントです。

持ち運びも出来て不足しがちな栄養素を手軽に補うことができます。実際料理を作ってみると分かりますがサプリメントなしですべて栄養を料理でとることにするとかなり大変なのです。毎日これだけの料理を作って食べると言うことは忙しい人なら続かないと思います。身体作りは継続して続けていくことが大事なので自分のライフワークに合ったようにしてサプリメントを上手に利用しましょう。食生活の改善は元気に生きることにつながっていくので見直すきっかけになると思います。

卵子と精子の質を上げるサプリメント

6b66ec8686cd695ff2a07f29d8313227_s

卵子の質を上げるサプリメント

  • ビタミンE、ビタミンC

ただでさえ不妊治療中はストレスを抱え込んでしまいがちです。人間はストレスを感じると体内で活性酸素という物質が発生します。この活性酸素は体中の色々な細胞を傷つけてしまうのです。卵子も同様に傷ついてしまい質が落ちてしまいます。不妊治療ではストレスと闘っていかなくてはいけませんがストレスは精神面だけではなく身体の中をも傷つけているのです。

そうなると活性酸素を抑える必要があります。この活性酸素を抑える働きをしてくれるのが抗酸化物質と言います。ビタミンE、ビタミンCなどによく含まれていて食品ではルイボスやザクロも沢山の抗酸化物質が含まれています。よく妊娠するにはルイボスティーやザクロがいいと言われるのはこのためですね。

  • 葉酸

妊娠したら葉酸をとらないとと言うイメージがよくあります。葉酸は赤ちゃんの成長にとても大切なものです。葉酸は赤ちゃんの細胞や臓器を作るのに沢山必要なのです。

ただ、一番必要になるのは妊娠初期のころです。このころに葉酸が少ないと神経管閉鎖障害や二分脊椎になってしまう確率が増えてしまうので注意しましょう。妊娠に気付くのも妊娠初期のころですから妊娠が分かってから飲んでも遅いことがあります。サプリメントを飲み始めて身体が改善するまでに1?2ヶ月はかかります。妊活をおこなったらすぐに飲み始めることをオススメします。

精子の質を上げるサプリメント

  • 亜鉛

男性性腺機能を正常にしてくれる働きがあります。生命維持に不可欠な酵素の働きもサポートしてくれる栄養素です。亜鉛が男性に不足してしまうと精子が少なくなってしまいます。亜鉛は精液中に沢山存在しているので、亜鉛をとることによりつくられる量も増えて質もよくなるのです。また亜鉛はフィチン酸と一緒にとることにより効果が減少すると言われているので、フィチン酸が多く含まれる穀物や豆類と一緒にとらないほうがいいです。

  • セレン

セレンは高い抗酸化効果があります。体内に発生した活性酸素を吸収して精子を守ってくれる働きがあります。また摂取することで精子の量が増えて精子の運動量も活発になります。精子の頭部としっぽをつないでくれる効果もあります。精子自体をしっかりした丈夫なものにしてくれるんです。

  • ムチン

山芋などに含まれるネバネバの成分です。食事と一緒にとることでタンパク質の吸収を良くしてくれます。タンパク質は精子の構成物質なので、タンパク質を多く取れるということは生殖機能の促進につながります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする