ストレスは胎児に悪い?妊活でセロトニンが必要となる3つの理由

妊活でセロトニンが必要となる理由とは

daedec44f9adb45aa5f70e0598a8d3c6_s

妊活は不妊治療に取り組むだけでなく日常の様々なことに配慮しなければなりません。何故なら日常のちょっとしたストレスや、食べ物への配慮が精子や卵子の健康状態にも影響するからです。妊活サプリメントを飲めば健康管理のサポートになますが、日常生活でストレス管理をしっかりできている、という人は意外と少ないのではないのでしょうか。しかしそれは働きながら妊活をしている限り仕方がないことかもしれません。

どれだけ好きな仕事で働いていたとしても、そのストレスをゼロにすることはできないですよね。だから妊活をはじめたら、誰もがストレスと向き合う必要があるからです。ではその発生したストレスを緩和させるにはどうすればいいのでしょうか。実はストレスはセロトニンを取り入れることで予防することができるのです。セロトニンは妊活中には欠かせないホルモンですが、このセロトニンがしっかりと分泌されていると心のバランスがとれやすいと言われています。

つまり、多少のストレスを感じる出来事が起きたとしてもセロトニンが分泌されていたら、そのダメージは小さく抑えられる可能性があるのです。逆にこのセロトニンが適切に分泌されていなければ、ちょっとした出来事が大きなストレスとなり、身心を蝕む可能性が出てきてしまうのです。したがって妊活中はセロトニンをしっかりと取り入れることが大切になるのです。、ではここで、妊活でセロトニンが必要となる理由を以下にまとめます。

  • セロトニンはストレスから胎児を守る
  • セロトニンは妊婦の心のバランスを保つサポートとなる
  • セロトニンは妊婦の免疫力の低下を防ぐ

このように、セロトニンは胎児を守るだけでなく妊婦の身体を守るサポートする役割もあります。妊活中のストレスは、身体の中のミネラルを破壊して、免疫力を低下させます。すると夫婦の性行為の回数が減る可能性が増えるだけでなく、病気のリスクも高まってしまいます。

どれだけ素晴らしい病院で不妊治療を受けていたとしても、病気になってしまうと全てがストップしてしまいます。だから妊活中は夫婦が二人とも健康を保つ為にも、ストレス管理が欠かせません。ストレスに負けない身体をつくる為には、食生活を改善してセロトニンを取り入れることも一つの手段なのです。

セロトニンを増やす4つの方法

c8f4968498b30c02209d5a3da9047bff_s

先ほどもお伝えしたように、妊活にセロトニンは欠かせません。ではそのセロトニンは何をすれば増やせるのでしょうか。ではその方法を以下に紹介します。

とにかく笑うことを意識する

セロトニンは実は笑うことでも分泌されることが科学的にも分かっています。だから妊活をはじめればできるだけ積極的に笑うことを意識しましょう。いかがでしょうか。日常で何か笑うような出来事は起きているでしょうか。もし普段の生活で笑顔になる機会がない、というのなら注意が必要です。お笑い番組を見るなどして積極的に笑っていきましょう。

軽いダンスなど気分が高揚する運動をする

運動がストレス対策に効果的なのは有名かもしれませんが、適度な運動もセロトニンの分泌を促します。したがって音楽に合わせて身体を動かすダンスやエクササイズも効果的な運動の一つと言えるでしょう。しかし妊娠後は激しい運動は禁物です。その辺りは注意して取り組みましょう。

日光浴を毎日しよう

太陽の光を浴びることもセロトニンの分泌には効果的です。あまり外出しないという場合でも、毎日軽い散歩を取り入れるなどして太陽の光を意識的に浴びることを意識しましょう。

妊活サプリメントから取り入れる

セロトニンは妊活サプリメントからも取り入れることができます。食生活の補助としてサプリメントも検討しましょう。その種類は様々なものがありますが、なるべくオーガニックなものを選べばより上質なセロトニンが摂取できます。このようにセロトニンを取り入れる手段は一つではありません。妊活の一環としてまずは一つからでも取り入れてみてはいかがでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする