最新の妊活事情、シリンジ法とは?様々な妊活方法を知っておく!

注目を集めるシリンジ法、これまでの妊活とは何が違うの?

6627d2a637dfd993197dea975034e071_s

妊娠を希望している男女なら、年齢を問わず早期の妊活が推奨されています。妊活を早期に行うことで子供が授かりやすくなるだけでなく健康な胎児を授かれる確率が上がります。これまでに様々なメディアをにぎわしてきた妊活方法には、栄養摂取の為のサプリメント服用や食生活の改善、ストレス発散や冷え性改善、適度な運動など、体の内側を綺麗にして健康的な体を作り上げながら妊娠しやすい体づくりを目指すというものが多かったです。

実際、これらの妊活を行うことで子宝を授かれた夫婦は数多く存在し、葉酸などの栄養素をサプリメントで接種する行為は世界中で推奨されています。しかし、いくら高価なサプリメントを利用しても食生活の改善を行っても妊娠できない人も存在します。妊活を行って妊娠しなければ不妊治療で赤ちゃんを授かるという選択肢もありますが、不妊治療は経済的にも心理的にも負担がかかることが多いです。

そういった不妊治療に躊躇している夫婦の間で、シリンジ法という妊活が注目を集めています。シリンジ法とは不妊治療で行われる人工授精に良く似た方法で、注射器のような形をした専用の機器で採取した精子を吸い出して、女性の膣内へ注入して妊娠の確率を上げるというものです。

日本ではまだなじみが薄いかもしれませんが、海外では積極的に取り入れられる妊活方法の1つです。もちろんシリンジ法にはメリットとデメリットが存在します。シリンジ法にチャレンジしてみようと思った場合は、必ずメリットとデメリットについて把握してから自己責任で行いましょう。

注目のシリンジ法についてもっと詳しく知りたい!

3c00936cf4b40e27e8c44c8cf121c0a3_s

シリンジ法を行うためのキットは病院などで入手しなくても、通信販売などで購入することができます。値段は1万円前後で20回分ほど試すことができるものが多いです。このシリンジ法は病院などではスポイト法などとも呼ばれ、不妊治療を行う前の段階で医者から提案されることもあります。シリンジ法のメリットは不妊治療と比較しても値段がとても安価で済むということが挙げられます。

不妊治療には保険適用されないものが多く、人工授精なら1回あたり15,000円~、体外受精なら1回あたり300,000万円以上の費用が必要となるので、経済的な負担は圧倒的にシリンジ法のが軽いといえます。手軽で安価なシリンジ法を試してみたいと思う方は多いかもしれませんが、シリンジ法を行う大前提として、健康な卵子と精子を持つ男女ということになります。

さらに、年齢的な問題としてシリンジ法が利用できるのは35歳以下の女性とされ、排卵に合わせて精子を注入していくので生理周期が整っている必要があります。子宮筋腫や内膜症などの女性特有の病気を抱えている人は、シリンジ法が利用できないので注意しましょう。

男性の場合も無精子症であったり、何らかの病気を抱えている場合はシリンジ法を試しても効果がありません。こういったことから、病院で卵子と精子に異常がないと診断された男女がシリンジ法を行うことで最大限の効果が得やすいといえます。

さらに、シリンジ法を使えば以下のような精神的負担を軽減できるというメリットがあります。

  • 大切な部分を他人に見られるという精神的負担を減らせる
  • セックスレスの夫婦に最適
  • 排卵日の強制セックスをしなくても良くなる

シリンジ法を行うことで夫婦揃って精神的な負担を軽減できるかもしれませんが、非常にデリケートな行為となるので、お互いの同意が得られてから挑戦するようにしましょう。

要注意!シリンジ法のデメリットとは?

シリンジ法のデメリットとしては、精子と卵子の異常を確認しないまま行えば時間とお金の無駄になってしまうということです。また、健康な男女の間でシリンジ法を試しても、医学的知識がない為にタイミングを逃して妊娠の確率が下げてしまうこともあります。また、自宅で行うものなので衛生面には十分注意して行いましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする