従来の不妊治療で効果が出ない!そんな時は東洋医学を

妊活に東洋医学は効果がある?

ebe9c014bbf90ee01be78ba00a6cc5ff_s

妊活をするにあたって、東洋医学を用いるというのは非常に効果の高い方法になります。東洋医学というのはつまりは漢方です。妊活で効果のある漢方薬としては卵巣の機能を向上させると言われている「六味地黄丸」、「八味地黄丸」、「四物湯」などというものがあります。

また、これに加えて「十全大補湯」というものが用いられる場合もあります。この「十全大補湯」に関しては本来は貧血気味の女性や体力が低下している人に用いられるのですが、このような症状を改善することが不妊の改善にも影響をもたらすため、不妊治療用の漢方薬として用いられることになります。

今でこそ妊活においては西洋医学が幅を利かせていますが、もともとは妊活の分野を古来からになってきたのは東洋医学であったということができます。現在よりも女性の妊娠に対するプレッシャーが大きかった時代に不妊治療を担ってきたという実績は侮ることはできません。現在の不妊治療は西洋医学をベースに成り立っているため、卵子・精子の質の低下といった不妊の原因が分かった場合には対処法も確立されており、非常に高い効果を示します。

しかし、不妊の原因が不明な場合には全く有効な手立てが無いということもあります。一方、東洋医学を使った不妊治療の場合には不妊の原因に対処するのではなく、東洋医学を使った体質改善を目指すというアプローチになります。現在の不妊治療とは全く違うアプローチから妊娠を目指すため、不妊治療で効果がみられなかったのに、東洋医学を使い始めて妊娠したという例も多数報告されています。これらの事例から考えるに東洋医学には不妊対策効果を持っていると言っても良いでしょう。

東洋医学をメインにした妊活サプリが登場

e5db989a41738c3e21ca7461eed8aaa1_s

さて、このような東洋医学についてですが、近年妊活のために使うサプリメントである妊活サプリメントの分野においても注目を集めています。従来の妊活サプリメントというのは卵巣機能が低下して質の低い卵子が生まれるのを防ぐために、食生活での摂取が難しい卵巣機能の低下を防ぐための栄養素を補給するという役割のものが多くみられました。

しかし、近年ではこのような食生活で摂取できない妊活のための栄養素を補給するためではなく、東洋医学の力を利用して妊活をサポートするための妊活サプリメントも登場してきました。東洋医学においては生殖をつかさどる臓器の事を「腎」と呼んでいます。

この腎の機能が衰えたことが不妊につながっているという考え方を取っていきます。そのため、東洋医学を使った妊活サプリメントにはこの腎の機能を改善させるための成分が多く含まれていることになります。例えばサプリメントに含まれている高麗人参のエキスなどはこの腎の機能を回復させるのに非常に効果的な役割を果たすことになります。

また、これに加えて卵巣の周辺が冷えているというの状態も妊娠を考えたときには好ましくありません。冷える事により血流が悪くなり、結果的に卵巣に十分な栄養素が行き渡らなくなることにより、卵子の発育が悪くなることにつながるためです。

このような冷えを解消して卵子の質を上げるために、東洋医学では冬虫夏草、にんにく、しょうが、唐辛子といったようなものを用います。このような成分に関してもサプリメントには豊富に含まれています。それ以外にも妊娠に必要な体力をつけるための成分なども含まれています。

このような東洋医学がベースになっている妊活サプリメントは単体で不妊の症状を改善するとまでは言えません。しかし、不妊治療に漢方を用いているような人であれば、一緒に併用することにより、より漢方による不妊治療の効果を上げることが出来るでしょう。ぜひ一度試してみて下さい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする