妊活するなら葉酸?葉酸の効果や選び方について

葉酸は妊娠前から摂取するべき

8b0fa4d239b88e0100e80992aa16584f_s

葉酸というと、妊娠してから摂取するべきだというイメージがありますが、葉酸は妊娠前から摂取するべき栄養分です。葉酸の大きな効果といえば、先天性異常のリスクを下げることができるという点です。様々な研究データによって、葉酸が先天性異常と大きな関わりがあるということは証明されているので、妊活をする女性は、産まれてくる赤ちゃんのためにも、葉酸を摂取する必要があります。

赤ちゃんができる前から葉酸を摂取することで、いつ妊娠しても良い体を作ることが大切なのです。妊娠前から葉酸を摂っていた人と、妊娠してから葉酸を摂取し始めた人では、先天性異常のリスクに差が出ることがわかっていますので、必ず妊活中は葉酸を意識して摂取するようにしましょう。

子宮内膜を強化する効果

葉酸には先天性異常のリスクを下げるだけではなく、子宮内膜を強化してくれる効果もあります。子宮内膜には、卵子や守ってくれる役割があるため、葉酸で子宮内膜を強化できれば、卵子が傷つくことを防ぐことができます。また、子宮内膜が強化されることで着床率もあがりますので、妊娠もしやすくなります。

不妊治療や妊活の人に葉酸が薦められるのは、何も先天性異常のリスクを下げるだけの話ではなく、このようにして妊娠しやすい体を作ることができるからなのです。

血行促進の効果

葉酸には血液を作る効果も含まれています。さらに血液をサラサラにしてくれる効果も含んでいるため、血行促進の効果も得られるのです。血行不良と妊活はあまり関係がない、と思う人もいるかもしれませんが、ここには大きな関係性があります。子宮が血行不良の状態だと、血液が行き渡らず、酸素や栄養が運ばれなくなってしまうため、血行不良は卵子の質にも影響を及ぼしてしまうのです。

また、受精卵の成長にも影響を与えることから、先天性異常や死産のリスクも上がってしまいます。不妊治療中の人も、血行不良の改善するくらいですので、妊活中の人にとっても血行不良の改善は大切なことです。葉酸などのような栄養分の補充で改善しましょう。

葉酸はサプリメントで摂取しよう

0a997b62e25bef1eeb9f7ff89d5596a4_s

葉酸が入っているサプリメントは、妊活を行っている人や妊娠をしている人、不妊治療中の人など、多くの人に人気があります。葉酸は納豆やイワシ、枝豆、ブロッコリーなどに多く含まれているのですが、食材から必要量の葉酸を全て摂取するのは難しいです。

もちろん、サプリメントなどに頼りたくないという人は、食生活に注意することで必要量を摂取することもできるのですが、さすがに毎日のこととなると、かなり面倒になってしまいます。食べる量も多くなってしまいますので、できれば足りない分をサプリメントで補うような形で、葉酸は摂取するようにしましょう。そうしたほうがストレスなく妊活を行うことができます。

天然葉酸はオススメできない

葉酸には天然葉酸と合成葉酸と呼ばれるものがあります。天然葉酸は、食材から葉酸を抽出した葉酸で、合成葉酸は人の手によって作り出された葉酸です。これだけを聞くと、天然葉酸のほうが自然由来のものなので安心して摂取できる、と思ってしまいますが、実は天然葉酸には難点があります。それは摂取した葉酸のうち、半分程度しか体内に吸収されないというところです。

実際に、妊活中や妊娠中の人に対して厚生労働省が葉酸の摂取を薦めていますが、これは合成葉酸であることが大前提となっています。天然葉酸は体内に吸収されない上に、吸収される量もばらつきがあるため、どれだけの量を摂取するべきかということを指定しにくいのです。さらに、天然葉酸のほうがアレルギーの心配がないと勝手に勘違いしている人もいますが、アレルギーのリスクで言えば、天然葉酸のほうが高いです。

アレルギーは生の食材に対して反応するものが多いですので、食材から抽出していない合成葉酸のほうが可能性としては低くなるのです。とはいえ、天然葉酸を摂ってはいけないということではありません。合成葉酸にアレルギー成分が入っているということもあるでしょう。一概にどちらが良いとは言えないのですが、特別な事情が無い限りは、合成葉酸のほうがオススメだということになります。覚えておきましょう。

葉酸には副作用がある?

06e543d4e789da7f2e8d7265e3ebec2f_s

葉酸について様々なことをインターネットで調べると、必ず「葉酸には副作用がある」という記事を目にすることになります。妊活を行っている女性は、このような言葉には敏感でしょう。そして事実、葉酸を摂ることで副作用が出てしまう人は存在します。とはいえ、この副作用。葉酸を摂取したら誰でもそのリスクがあるというわけではありません。葉酸の副作用は、過剰摂取によって引き起こされるのです。

つまり、大量に摂取さえしなければ、葉酸の副作用をそれほど気にする必要はないということなのです。なにも葉酸は人間が無の状態から作り出したものではありません。食材にも含まれている栄養分ですので、元々自然界に存在したものなのです。そのため、薬などの副作用とはまったく別だと考えておきましょう。妊娠前は240マイクログラム、妊娠時は480マイクログラム、これが適切な量となっていますので、守るようにしてください。

葉酸過敏症の症状

葉酸を毎日摂取し過ぎると発生する副作用は、葉酸過敏症と呼ばれています。症状としては主に、発熱や蕁麻疹、かゆみ、まれに呼吸障害が発生することもあります。基本的には葉酸は、必要量以上を摂取しても尿で体外に排出されるのですが、あまりにも過剰に摂取したり、毎日1000マイクログラム以上を摂取し続けると、副作用が出てしまう可能性があります。注意しましょう。

葉酸を摂り過ぎない食生活を

葉酸の過剰摂取が副作用を引き起こすことは理解できたかと思いますが、サプリメントを利用する場合には、食生活にも注意しておかなければなりません。葉酸は様々な食材に含まれている栄養分です。

そのため、制限値をサプリメントに含まれている分だけで考えていると、食事での摂取を合わせた結果、過剰に摂取してしまう可能性があります。細かくなく数えなくても、だいたいで構わないので、ある程度食事からどの程度の葉酸を摂取したかということを確認しておきましょう。

男性にも葉酸は必要

500873aa5f20498f5b2f13a3b96a7f10_s

妊活というと女性だけが行うイメージがありますが、男性も一緒に行わなければ妊活の効果は得られません。いくら女性の卵子が正常であっても、精子の元気がなければ、うまく着床しないのです。そして、葉酸は男性にも様々な妊活の助けになる効果を与えてくれます。精子の質や運動量を増加させてくれるのです。そのため、女性だけではなく、夫婦一緒に葉酸を摂取するようにしましょう。

夫婦一緒に妊活を行うことでストレスもかからない

女性だけが毎日食事に気をつけ、サプリメントを飲む生活。ただでさえ制限された生活な上に、このような状態だと、「どうして自分だけが」という思いが湧いてくるものです。そのような感情はストレスを女性に与えてしまうでしょう。ストレスは妊活にとって厄介な敵です。

ストレスは体に活性酸素を発生させます。活性酸素は細胞を傷つける物質で、精子や卵子にも影響を与えるため、ストレスのない生活を送ることが妊活には大切なこととなってくるのです。そのため、女性にストレスを与えないためにも、食生活の制限やサプリメントの摂取は、夫婦一緒に行うことが大切になってきます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする