葉酸はサプリメントで摂取しよう!その理由と摂取する時期

葉酸はサプリメントで摂取した方がいい理由

8767a3d2146117864c9bc8407e33c8e7_s

野菜から摂取した葉酸では神経管閉鎖障害のリスクは予防できない

妊娠中、妊活中に葉酸を摂取した方がいいと知っていても、葉酸の種類が2つあることは知らない人が意外と多いのではないでしょうか。1つは野菜、果物といった食品から摂取することが出来るポリグルタミン酸型の葉酸です。そしてもう1つがサプリメントなどの栄養補助食品から摂取することが出来るモノグルタミン酸型の葉酸と言えます。つまりサプリと食品から摂取する葉酸とでは実は種類が異なるのです。

妊活をする際に食生活を改善したり、見直す人は多いといえますが、赤ん坊の神経管閉鎖障害のリスクを減少することが出来るのは、葉酸サプリメントから摂取することが出来るモノグルタミン酸型の葉酸の方だと言うことが出来ます。

野菜や果物に含まれているポリグルタミン酸型の葉酸ではリスク低下の効果は確認できてないので葉酸は食品からの摂取ではなく葉酸サプリといった栄養補助食品で摂取するようにして下さい。ちなみに葉酸サプリを摂取することにより神経障害児の出生リスクを70%軽減出来ると言われています。葉酸サプリを摂取しないと必ずしも障害が出るという訳ではありませんが、母親の不安を取り除く為にも有効だと言えます。

1日400μg葉酸の摂取は食事では難しい

またせっかく食生活を改善し葉酸の多い食品を食べるように心がけても葉酸は水や熱に弱いので調理段階で栄養素の大半が失われてしまっています。赤ん坊の神経管閉鎖障害のリスクを下げる為に妊娠前から妊娠初期には1日400μgの葉酸が摂取目安とされています。

ですが葉酸は水溶性ビタミンなので水に溶けやすく熱にも弱い性質があり水洗いをしたり加熱調理によって栄養素が失われるので食事からの葉酸摂取は難しいと言えます。ですがサプリメントなら確実に1日の摂取目安をクリアできるように葉酸が配合されていますし、食品と異なりつわりが酷い時でも飲むことが出来るのがメリットと言えます。

葉酸サプリを摂取する時期

d09745895beeca59872350efc058a7c8_s

葉酸が最も必要なのは

葉酸サプリメントをいつから飲み始めればいいのかと悩んでしまう人も多いかと言えますが最も必要な時期は妊娠初期で妊娠1ヶ月前から妊娠3カ月の間と言えます。ですが妊娠の1ヶ月前なんて誰も予測が出来るわけがないので妊活をしている人に葉酸サプリメントを摂取することをお勧めします。卵子と精子が結合し受精卵を生成、子宮内膜に着床するのを葉酸がサポートしてくれます。

不妊治療においてもこの着床が非常に重要なポイントになります。何故なら不妊治療は妊娠をすることに最大の重点を置いていて、妊娠は着床するかしないかにかかっています。

受精卵が無事着床し細胞分裂を繰り返し胎児へと変化していくこの時に血や細胞を作る働きがある葉酸が必要不可欠ですし、赤ん坊に神経障害が出るリスクがあるのも妊娠4週間目から12週までの間と言えます。だから避妊を止めて妊活をスタートした日から葉酸サプリメントの摂取を心がけて下さい。最も流産のリスクが高いのもこの時期で葉酸の摂取でリスクを下げることが出来ます。

授乳期の葉酸の必要性

それなら妊娠4ヶ月目以降は葉酸は摂取する必要がないのかと言えばそんなことはありません。出産までも葉酸サプリを摂取した方がいいと言えますしさらに授乳期には葉酸の摂取は望ましいと言えます。その訳は栄養価が高い母乳を作る為には血液を造る働きがあるビタミンBと葉酸は必要不可欠な栄養素と言えます。

ビタミンBと葉酸が不足していると母乳の出が悪かったり、栄養価が低い母乳になってしまう恐れがあります。栄養価が低いと赤ん坊の成長に支障が出る恐れがあるので授乳期も葉酸サプリは摂取するようにして下さい。また葉酸は産後の子宮をケアも行なってくれます。

だから授乳期に葉酸を摂取することで母乳の出を良くし栄養価を高めるだけではなく、出産によりダメージを受けた子宮の回復が早くなる効果があります。だから葉酸サプリは妊活を始めて授乳期が過ぎるくらいまでは飲み続けるようにして下さい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする